CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年08月04日

〜中学生は人生第二の誕生期(1)児童期から中学生期へ〜

旭川で「子育て」や「発達障害」の学びの場を
提供しているNPO法人ペアレントサポートです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中学生の反抗期、思春期に悩む親御さんは、本当に多いです。
そこで、先月開催した「中学生期のお話」の内容を少しずつ連載していこうと思います。

「子どもに学ぶ家庭教育」と言われる「東京家庭教育」の視点を中心に書いていきます。

この時期の子育ての難しさは、元々子どもの成長過程で起きる思春期特有の反抗と、その子の気質や発達特性、その上に養育環境、人間関係、社会環境、SNS・・・色々なことが絡み合い、複雑になっています。


どうしても、表面に見えている反抗や問題行動に目が向いてしまいがち。
見えていない部分の一番大事な「この時期の子どもの精神的発達段階」を知ることで、少し見え方や関わり方が変わっていくかと思います。

まず、思春期特有の状態を知って、そのうえで、積み重なっている、複雑化した問題に対応されるといいと思います。

nyugaku_gakuran.png

そこで、思春期である中学生の時期の子どもの心と体が、どのように成長するのか、どう対応したらいいのかを、連載していきたいと思います。

1 児童期から中学生期へ
2 身体的特徴
3 思春期症候群
4 3つの心理
5 仲間意識
6 反抗
7 不登校



1 児童期から中学生期へ

児童期(小学生)までは、心と体が、ほぼ釣り合いの取れた発育をしていて、比較的育てやすいのですが、
中学生に進む年ごろになると、身体的な面でも、精神的な面でも、大きな変化があり、子どもを育てる上で一番難しく、そして大切な時期でもあります。

今まで、自立や遊びに夢中になっていた児童期の努力の方向が、中学生期では、自分はこうありたいと思う理想我に向かう時期になります。これを自己確立の時代ともいいます。

この時期は、人間成長の精神的な発達において非常に大切な時期であり、自分の心の内面も見ることができるようになります。

一方、自己保存のための自己中心的な考え方や種族保存の本能も現れ、他愛の精神も出てきて、ものの考え方がだんだんと深まり、筋道を立てて論理的に考えられえるようになります。

それだけ、脳も複雑に、高度に、成長しているということです。
そして、自分と自分以外の人(家族以外の人)との関係を意識する人間らしい時期で、これが精神的離乳期ともいわれる点です。大人への大きな階段です。


親に対して、ろくに返事もしない、口を開けば暴言や頭にくる言動・・・悩む母親は多いですよね。
でもね、その反抗的態度をとれるのは、自分を見捨てないでくれると信じているから、なんだそうです。
見捨てられるという不安のある子、親を信じていない子は、親の前ではいい子にします。

では、何で、あんなにひどいの? と思うでしょ?
それは、子ども自身が、どうにもならない体と心のバランスの取れないこと、精神的にも成長してきたからこそ、思い悩み苦しんでいるのです。


第一の誕生期は、言うまでもなく、この世に出てきた身体的誕生です。
中学生期は、人間らしさを確立する、自己確立の時期。精神的誕生の時期と言われています。


明日は「2身体的特徴、3思春期症候群」のお話をします・・・



ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

posted by 佐藤 at 03:17 | TrackBack(0) | 連載