CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月13日

〜「総合的に考える」が難しい〜

旭川で「子育て」や「発達障害」の学びの場を
提供しているNPO法人ペアレントサポートです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最近特集した記事もあります (^_-)-☆
「行き渋り不登校」 目次へ 
「乳幼児期の子育ての参考本」 目次へ 
「発達障害理解と子育ての仕方」 目次へ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★   ★   ★   ★   ★  


里親と里親支援専門員、養護施設関係者に、オンラインで、ペアサポ独自の里親向けペアレントトレーニングをしました。

専門職の方は、すでに様々な研修やペアレントトレーニングも受けて知っています。

昨年受けた専門員が「ペアサポのペアトレは、今までのと違う!」と話していたことで、興味を持っていただいたこと、コロナでオンラインに変更になったことで、10名ほどが特別参加となりました。


里親さん方もいるので、パソコン画面が賑やかでした。
普段は、定員6人。

専門職といえども、お子さんのいる方は、親である自分を振り返り、もちろん仕事で関わる子どもたちとの関わり方も振り返ります。


たくさんの感想の中で、
「総合的に考えるって、大事なことだけど、難しいと思いました。
研修を受ける度、Aの研修を受けてAのやり方を熱心に、次にBの勉強をしたらBのやり方へ、と変わるだけで、総合的に考えることを意識していなかったことに気づきました。」
という感想をいただきました。

日本の学校教育では、長年、一方的に教えられ、脳は暗記し、ただ上書きされていくだけ。
自分の頭で、総合的に考える癖がついていない。


shitsuke_shikaru_mother.png


子どもと関わるなら、
成長発達段階、気質、成育歴、過去、未来…
現在子どもが抱える問題
サポート体制、状況…
そして
良かれと思って、厄介な
大人側の価値観
大人の都合
これらを
冷静に、客観的に見て、総合的に考える。


子どものためと言いつつ、
「本当に今のこの子にとって、必要なことは何なのか」
「この子の心の中は、今、どういう状態か」
一切考えずに、叱ったりしていないでしょうか
叱ることは、一番手っ取り早く簡単です。
そして、一番、無責任な対応です。


教える、導く、諭す、伝える、話を聴く、なだめる、気を逸らす、場所を変える・・・
(無視するは、有効な場合と、逆効果の場合があります)


「問題を起こす子」を「問題の子」にしているのは、大人。
「問題を抱えている子」のSOSに、気づけるかどうか・・・


CSPのフラナガン牧師の言葉
「悪い子どもはいません。悪い学びと、悪い環境があっただけです。」


大人が、子どもの心の奥底に耳を傾け
総合的に考え
良い学びと、良い環境づくりをすることで
少しずつ、問題行動は減っていきます。


研修や学びは、とても大切ですが、総合的に考えるための、材料にしかすぎません。

大事なのは、目の前にいる子どもの心、そして、あなたとの信頼関係です。




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

るんるんLINEチャット「ペアサポチャイルドの会(0〜6歳向き)」 こちら

るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら


posted by 佐藤 at 01:43 | TrackBack(0) | つぶやき