CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月17日

〜行き渋り不登校B小学1年生〜


小学1年生の場合

幼稚園、保育園では、許されてきたことが、許されなくなり、求められることが多くなります。
家でも、「もう、小学生なんだから!」「早くしなさい、遅刻するでしょ!」「自分でしなさい!」「ちゃんと・・・」「もっと・・・」
たった、数か月の違いなのに。



環境も、変わります。
小さなお友達と、優しい笑顔の先生ばかりだった幼稚園、保育園から、
6年生の大きなお姉さん、お兄さん、男の怖い顔の先生、上級生を注意している先生。
おしゃべりしていたら、注意される。
みんなに合わせないと「どうしたの?なにしているの?」矢継ぎ早に言われる。


そして、一番きついのが、1年生のお友達。
成長発達からいうと、ものすごい正義感が強く、先生が言ったことは「絶対」と思っている時期。
だから、誰かが、先生がダメといったことをしてしまったとき、集中砲火のごとき、その子を非難します。融通とか、全く利きません。「先生が、こう言ったから!」

これは、物事が、正しい、正しくないという判断が、自分の知識や経験で判断できる前段階。そういう時期なのです。
物事の善し悪しが、概念的に判断できるのは、もう少し後です。
1年生の時期は、善し悪しの物差しが、先生なのです。親なのです。


school_randoseru4_pink.png


今は、高校生になった女の子の話をします。
小学1年生の途中から、学校へ行けなくなりました。母親が付き添っても教室に入れなくなり、嘔吐するようになりました。母親が仕事を辞めて、付き添い、別の教室、たまたま不登校学級があったので、そちらに移り、それでも母親が付き添い、行けたり、行けなかったり・・・
理由が、わからないでいました。母親が一緒なら、学校へ通える。勉強も頑張っていました。
5年生の時、話し出しました。
「小学1年生の時、その日持ってくるように先生から言われていた水筒を忘れ、クラスのみんなから、忘れたことを責められ、それから、教室がこわくなった。」
心の奥深く傷ついていたことが、ようやく意識化して話せる状態になったのです。
それから、少しずつ、母親が一日中つかなくてもよくなり、6年生の時には、元の学級に戻ることができました。
今は、中学、高校へと、夢に向かって進んでいます。

ここまで、毎日びっちり付き添う例は特別ですが・・・
このお母さんのすごいところ
女の子の性格、気質をしっかりとらえて、他の子と比べず、焦らず、無理強いせず、「あなたは、大切な存在」と言い続け、信念をもって寄り添っていました。
信頼できる先生と相談しながら、時には背中を押し、常にサポートしていました。

中学生のとき
「またいつメンタルが落ちるかわからないけど、心づもりはしているよ。」
お母さんと話をしたときに、言っていました。
今は、高校で、勉強に部活に、頑張っているそうです。




小学1年生の、悪気のない正義感。(たいていは…)
そして、まだボキャブラリーも少ないです。
7歳は、好奇心が一番強い年齢ともいわれています。
支援学級の子に「バカなの?」と聞いてくることがあります。
それは、馬鹿にしているのではなく、不思議に思っているからのことが多いです。
言葉よりも、言葉の裏にある心や思いを聴くこと。
わが子にも、同級生にも、気を付けたいことです。


目次に戻る


ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため最後の「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)


るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村


posted by 佐藤 at 01:26 | TrackBack(0) | 連載