CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年04月30日

〜お父さんの役割を考える〜

旭川で子育てを楽しくするための学びの場を
提供しているNPO法人ペアレントサポートです
★  ★   ★   ★   ★

一般的な家族では、子育てで
お母さんの役割、お父さんの役割があるようです。

幼児期の子どもっては、お母さんが一番!
お母さんにわかっていてほしい、ほめられたい。
お母さんが笑っていると、とても嬉しい。
自分が、お母さんを笑顔にさせていると思うから(そういう時期)
お母さんが、笑顔なだけで、
今時流行りの「自己肯定感」が高まる。


このころのお父さんは、お母さんの精神的サポート、物事、育児のサポートが中心。
両親が、仲が良いか、悪いかは、子どもの心の発達にとても影響します。
お父さんは、お母さんが笑顔でいられるようにサポートしてほしいですね。


特に、乳幼児期は、何かをしてくれるくれないよりも、「寄り添ってほしい」。できるだけ、そばにいて、一緒に子育てを「共感」してほしい。そう母親は思っています。
正論より共感です。


時々、「敵」になる父親まだ多いです。
部屋が散らかってるぞ。片付けろ。ちゃんと叱れよ。泣き声うるさい。泣かせるなよ。
一日中子どもと遊んでいるだけだろう。メシはまだか?・・・



子どもが、成長してくると、
母と子の密な関係から、外の世界(お友達、小学校の先生…)との関係に意識が行くようになります。
子どもは、周りから認められたい。
自分の存在が肯定されること。
この時期に大切なのが、お父さんの役割。

kids_ryoushin_mimamoru.png


お父さんが、
子どもに対し「がんばっているな」「成長してきたな」など、ほめたり、認めてくれると、子どもは、社会に認められたように感じます。

逆にダメ出しや、叱責、子どもと関わらない状態だと、子どもは、社会から認めてもらえない気がしてきます。

お父さんは、社会のはじまりなのです。
子どものころに、お父さんから認めてもらえなかった子は、大人になったとき、社会に出ていく勇気が持てなかったり、不安を抱えやすいのです。


5年前の話です。ある中学生の男の子が、不登校でサポートを受けていました。
学校へ行きたい気持ちはあるけど、自信がなくて行けない。父親からしつけができていないからだと責められ、母親がペアレントトレーニングを受けました。そして父親にも受けてもらったそうです。
父親は「息子よ。お前はこんなに頑張っていたんだな。叱ってばかりで悪かった。学校へは無理して行かなくていいからな。」と、言ったそうです。その数日後から、息子さんは少しずつ学校へ行けるようになったそうです。


成長とともに、気持ちが不安定になったり、荒れたりするのは、母親のしつけのせいではなく、父親の在り方、夫婦二人の問題が原因のことが多いのです。


お父さんもお母さんも、子どもに幸せになってもらいたい思いは一緒です。
子どもの思う幸せと、親が思う幸せは、違ったりします。
まずは、子どもの心が「安心安全、自由、自信」を感じられるように、育てたいですね。


ひとり親は、父親の役割も背負い、厳しくなりがちです。


今「いい子」にするよりも
将来「いい大人」になるように育ててほしいです。


何かの本に、書いてあったのを、思い出しました。
「親の望む子に育てるのではなく、子の望む親になってください」




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため最後に「クリック」お願いします。

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

るんるんLINEチャット「ペアサポチャイルドの会(0〜6歳向き)」 こちら

るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 03:01 | TrackBack(0) | つぶやき