CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月10日

★☆2021年 好きな色なあに☆彡

---------------------------------------
令和2年より
ペアレントサポート(以下 ペアサポ)は
ボランティアスタッフ(以下 ボラスタ)
17名が集まり活動をしています。
---------------------------------------

49a7a5ee-557c-4863-a1af-7e97b4d243b0.jpg

「今、好きな色は何色ですか?」


色彩心理学の世界では、

「色は、その時々の自分を映し出す鏡である。」

・・・・そんな風に言われることがありますよね。
色は自分の性格だったり、その時の気分だったり、
自分の隠れた一面のようなものがわかったり、
自分でも知らない自分の良さが見えてきたりすることがあります。

私は、自分の気持ちや意見を言葉で表現することが苦手な息子に、
「今、好きな色なあに。」とたまに聞くようにしています。
そう聞くことで、息子が今、どんな気持ちなのかを知ることができます。

2年前。中学1年生の冬。
息子のカラーは黒。好きな言葉は暗黒。ブラックホール。
塗り絵をしても真っ黒に塗りつぶし、
苦しみやストレスを抱えていた時期でした。

その苦しみや、ストレスが軽減されてきたのか、

中学2年生の冬のカラーは、グレーと少し赤。
グレーはやる気がでない時に選びやすい色。とも言われていますが、
赤の情熱的で愛情に溢れているエネルギーの要素も少しあり、
活力が少し出てきている。そんな不安定な時期。

そして、最近のカラーは、紫とピンク。
紫の自分をしっかりと持っている色。
ピンクの愛や優しさ、母性を表す色。

受験生なのにゲーム三昧のようにしか見えませんが、
きっと、自分で自分のやるべき事を見出し、実行しているに違いありません。(笑)

ペアサポスタッフ黒ハートmiyu黒ハート


【参考文献】
色の心理学」佐々木仁美監修/「他人の心理学」ゆうきゆう著
「人生が豊かになる色彩心理」宮田久美子著
「色彩心理のすべてがわかる本」山脇惠子著
posted by 佐藤 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ通信

〜「考える力」「伝える力」を育む絵本〜


子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★

参考資料より

「日本人の読み聞かせでは、子どもの思考力は育たない」
 大阪女学院大学 加藤映子

「考える力」「伝える力」を育む最初の教材が絵本

「考える力」「伝える力」は、受験や就職前に急に身につけられるものではありません。
小さな頃から、自分で考え、それを伝える経験を積むことで育まれるものです。


欧米では、その最初の教材として、絵本を使います。
アメリカの家庭と日本の家庭の読み聞かせに大きな違いがあります。


アメリカ人の読み聞かせの時には、
「あなたは、どう思う?(what do you think?)」
「なぜそう思う?(why do you think so?)」
前者は、自分の考えを言葉にして出させるための問いかけで、後者はその考えを理論的に整理し、より深掘りさせるための問いかけです。この2つをセットで使うことで、より効果を発揮します。


問いかけられながら読むと「自分なりの感想」を持ちやすくなります。


日本人は「なぜ?」と質問されることが苦手だとよく言われます。
純粋に理由を聞かれているだけなのに、なんとなく非難されているような気持ちになる人が多いからでしょう。


しかし、欧米では、小さな時から、当然のように親から聞かれるのです。
もちろん子どもが2〜3歳のうちは「why?」の問いかけは難しいですが、4〜5歳になると答えられるようになります。
こうした、問いかけをされながら、絵本を読むことが習慣になると、いずれ1人で本が読めるようになったとき、話の表層をなぞるだけでなく、「自分なりの感想」を持ちやすくなります。
つまり、「考えながら情報に接すること」が癖になり、これが「自分で考える力」の基礎になります。


日本人のように、読書感想文で悩むことも、「貴方の考えは?」と聞かれて困ることもないのです。


アメリカでは、幼稚園なども含め、絵本の読み聞かせの最中、もしくは終わった後に、先生が子どもたちにさまざまな問いかけをして自分なりの意見を言わせることが多いものです。

そこで、子どもたちに議論をさせるわけではありませんが、子どもたちは自分の考えていることを言葉にして表現する訓練をしつつ、人によって色々な意見があることを自然と学んでいきます。

これが「伝える力」の発達に繋がるのです。

日本のように、乳幼児期のときに親が一方的に絵本を読み、子どもは黙って静かに聞く環境で育った子は、「伝える力」も「考える力」も育まれにくいのです。


text_ehon.png


絵本を読む年齢を過ぎたとしても、
「あなたはどう思う?」「なぜ、そう思う?」問いかけてみるといいですね。
子どもの答えに、否定や批判は絶対せず、興味をもって聴いてあげましょうね。
そして、親自身も「私はこう思う」「なぜかというと〜」と伝えることも・・・
親と子が、違う意見でもいいと言うことも、教えてあげてほしいです。





るんるん総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
posted by 佐藤 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき