CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月31日

〜目からウロコ、自閉症併存愛着障害の修復開始〜

旭川で発達障害のある子もない子も
子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★


自閉症併存タイプの愛着障害
(米澤好史先生の本によると)

もっと、ずっと前に知っていたら・・・

こんなに悩まなくても良かったのに
そう思うのと、
今だから、良かったとも思う私。


自閉症併存愛着障害は、
自閉症特有の認知の障害があり、
言う事が理解が出来ていなかったり、
曖昧な「気持ち」が伝わりづらいこと、
安全、安心の人や居場所感が重要という特徴

娘は、それに、知的
私と同じHSC(ひといちばい敏感な子)タイプ
これらもあり、余計、なりやすかった。



でも、一番の問題は夫と私・・・

プロフィールにも書いたけど、
夫は、「お前の躾けが悪い!」
「発達障害?娘を障害者にするなら、家から出て行け!」
「子どもを育てるのは、母親の仕事だろう!」
「俺が、叱れば、おとなしいのに、お前が甘いからだ!」
昭和こてこての、年上の夫は、
暴力は振るわないものの、
娘の事に関しては、歳をとって出来たひとり娘で、
かわいくて、かわいくて、仕方が無い。
(かといって、子育て全く手は貸さない、口だけ出す)

その夫が、10年以上かかり、
病院の先生、学校の先生、養護学校の先生や子ども達のお陰で
少しずつ娘を理解してくれるようになり、
私の話を少しずつ聞いてくれるようになり・・・


今までのストレスフルの仕事を辞めてからは
どんどん丸くなり、最近は、別人のように・・・


愛着障害の子にとって、
叱る、怒るは、絶対してはいけないこと。
子どもに対しても、キーパーソンである人(私)に対しても。
子どもの前で、怒ったりしてはいけない。
キーパーソンを立てることが、
子どもがキーパーソンを安全、安心基地にするためには必要なこと。
テレビに向かって、怒鳴る場合や、イライラしている気配も、娘にとっては、不安が増して、良くないこと・・・

イライラや怒りを娘の前では、抑えるように夫に話しました。
短気な夫なので、我慢しているのがわかる・・・
今だから、我慢出来ていると思う。
前のストレスフルの仕事中は、朝から寝るまで、爆弾だったから。


今、娘は、家が、安心安全な場所として、
不安にならず、ネガティブな感情が起こらずに過ごせている


そして、キーパーソンの私はというと、
一緒に家に居るけど、仕事をしていたり、
一緒に何かをしていても、時々別のことを考えていたり、
娘に集中していないことも、多かった。
15歳にもなるので、1人で部屋で遊んでいるし、「ママ、あっちいってて」と言われるので、逆に成長したのね、と思っていた。
一緒に見たいテレビなどは、くっついてきて、私の体を触りながら見ている。


愛着障害と分かってから、
急に私も何もかも、変えられない。
まずは、娘と関わる時は、全集中で、娘に。
笑顔で、ポジティブに。

一緒に、同じ方向を見てすることがいいとのこと。
(対戦になることはダメとのこと)
一緒にテレビを見たり、キーボードを一緒に弾いたり歌ったり、
意識しながら
「ママと一緒にすると楽しい」感を入力することが大事らしい。

「主導権は、キーパーソンが握る」ことも大事。

candy.png


私は、何でも?「いいよ」してしまうタイプ。
「ダメ」を出すと、不安定(感情混乱)になるから。
だから、愛着障害わかる前から、
例えば、「チョコ食べたい」と言い出したら、
「お掃除手伝ったご褒美に、1個チョコあげます」とか、
「チョコは、食べていいけど、食事が終わってから、あげます」
「チョコ入れるお皿を持ってきてちょうだい。ママが入れます」
こんな感じで、条件付きや、ワンクッションおくようにしていた。
これは、より、意識しながら・・・


夫と私、少し努力しています
すると、
娘の不安定さ加減(感情混乱の揺れ幅)が、前より小さくなっている。
いつもなら、担任に注意されたあとは、しばらく不安定になり、私がその話しに触れただけでパニック様に不安定になる。が、今回は、ならなかった。


夫と私、少し慣れてきたら、次のステップへ
夫は、自分のそのときの気持ちで、言う事が変る(娘が混乱)のを、気を付ける。
私は、感情教育(ラベリング)をする。
娘は、自分の行動と気持ちとバラバラ認識?。脳で感情の認知、整理、処理、コントロールが出来るように、教えて行く。
これらについては、また、報告します。




るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村










posted by 佐藤 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき