CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月27日

〜娘に愛着障害支援の対応をしてみたら〜

旭川で発達障害のある子もない子も
子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★


ずっと娘の子育てで、悩んできた

発達障害だから・・・知的障害もあるから・・・
HSC(ひといちばい敏感な子)だから・・・
仕方無いのか?


気持ちの上下、急にスイッチが入り
抑えられない感情を吐き出し
時には、自分の頭をたたき出し
気持ちをコントロール仕切れず、もがく娘を見ていて、
どうしたらいいのだろう・・・
そう、ずっと思っていたから、
子育ての色々なことを、学んできた


そうして、ようやく答えがわかった
「愛着障害」
自閉症併存タイプ


ようやく納得できる答えが
そして、どうしたらいいのかが、わかってきた。
そこで、できる事から、少しずつ

heart_shiny.png


1 夫に「愛着障害」のことをまずは簡単に話し、「娘はあなたを怖がっている。注意されたり、強い口調は、良くないから、出来るだけ、優しく言ってね」娘の安全基地を守るため

2 娘が私と関わりたいときには、娘に笑顔で集中。娘の安心基地

3 言動、行動に落ち着きがなくなってきたら、他の事に気をそらす、切り替えるように、誘導、支援する

4 「ママと、一緒に歌って、『楽しかったね』」「今、『退屈』で、適当に(不適切な言動)言っていたね」気持ちを、言い当てる。

5 私が主導権を握る。「チョコたべたい!」に、あげれば主導権は子ども。だから、「今日、学校で頑張ったから、ご褒美に、チョコあげる」と言えば、主導権は私。というように、欲求をそのまま受け止めるのではなく、キーパーソンである私が、主導権を持つ。

6 お手伝いを、奪わない。(お皿洗いが好きな娘から、最近夫が皿洗いを奪っていたので、娘の分を残してもらうように)自己有用感:私は役に立つ感をもたせる。

このように、元々してきたことも、意識して、おこなってみています。
少し、いい感じ。

必ず、「馴化(じゅんか)」慣れが起こり、もっと、かまってほしい欲求が出てくるらしい。
このとき、大人が、イライラして感情的に対応すると、今までの信頼が、おじゃんになる。


愛着に問題を抱える子の特徴は「感情の未発達、未学習」
感情が十分、機能していないのに、大人が、感情を期待した対応をして、余計、子どもの感情混乱を引き起こしている。


少しずつ、夫にも、説明しつつ、頑張ろう・・・


何が、原因か、わかってよかった。
私と夫の関わりが、ダメだったんだ。




るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき