CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月25日

〜愛着(感情)障害、夫婦で取り組まないと・・・〜

旭川で発達障害のある子もない子も
子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★

愛着障害の支援
キーパーソンが大事

普通は、母親

母親の、子どもに対する態度、関わり方も大切だけど、
もう一つ大切なのが、
周りの協力だそうです。
そう、父親!



キーパーソンの信頼度を上げること。
キーパーソンと連携し、補助すること。


子どもが、「感情混乱」を起さないように、
サポートするのが、周囲にいる大人の役目。
父親の役割となる。


愛着障害の専門家の講演会DVDをみて
(本もでています。米澤好史氏)
ショックを受けました。


family_rikon_shinken_arasoi_girl.png



そりゃ、悪化するよね。
夫が、していることは、娘の感情を混乱させることばかり・・・

例えば、
・母親がする事、言う事に、子どもの前で、ダメだし、反対したり、馬鹿にするような・・・
・テレビに向かって・・・運転中、前を走る車に・・・否定的な言葉やつっこみ、暴言を言う。
・イライラすると、物に当たる。もしくは、イライラオーラを出す。(随分減りましたが)
・強い口調で注意する。(以前は、怒鳴っていた)
・気分で、「いいよ」と言ったり「だめだ」と言ったりする。
・娘の気を引こうと、勝手に娘の好きな食べ物を買ってくる。
・「汚い」「危ない」「うるさい」遊びなどを、母がついていても、ゆるさない。
・過保護。「転ばないように。失敗しないように」挑戦をさせない。


これでも、ずいぶん、かわってくれたのですが、
たぶん、娘が定型発達で、認知の問題、知的の問題、人一倍敏感な子HSCでなければ・・・
いや、全て、マルトリートメントだよ。
と思う。
夫も、マルトリートメントについては、知って、ずいぶん、我慢している。最近。


キーパーソンを、中心に、
キーパーソンを立てて、連携して、・・・
これが、出来ていないと、
子どもは、不安が増強し、安全基地、安心基地ができないとのこと。


母親だけ、頑張っても、上手くいかないはずだ。


感情の発達は、
「安心、安全」から、
「感情を感じる」
「その感情を認知、理解する」
「その感情を整理する」
「その感情を処理する」
これらが、感情コントロール


夫婦で、勉強しなきゃ・・・




るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村




posted by 佐藤 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき