CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月19日

〜愛着の問題、誰でも起こることで・・・〜

旭川で発達障害のある子もない子も
子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★


昨日の こちら
続き・・・
愛着障害のこと



昨日もかいたけど・・・
愛着障害って、親にかまってもらえなかった子がなるとか、
虐待された子がなるって、思っていませんでしたか?



実は、それだけではないのです。
子どもの気質、親のタイプによって、相性もあります。
発達障害(ADHD,ASD)を持つ子も、
大人の対応の仕方や、子どもの認知の問題で、かなり愛着障害になりやすいそうです。


実は、
娘が、知的障害のある自閉症と、HSC(ひといちばい敏感な子)と、
そして、愛着障害(問題)もあると、今、わかりました。

医者の今の診断基準では、合併しないとされているけど、合併している。
診断基準は、毎回かわるから・・・


発達障害や、HSCだけでは、腑に落ちていなかった育て辛さ・・・
「これだ!」
こんなに娘と関わり、娘中心の毎日で、こんなに甘くて、
でも、娘の中では、まだ愛着の問題を引きずっている・・・


幼い頃、発達障害と診断されるまで、
夫が、娘のことをわかってくれるまで、
かなり、かなり、私も娘も辛かった。
娘に虐待や暴言を吐くことはしなかったけど、
一日、一日が精一杯で、
娘の気持ち、知的レベル、考える余裕はなかった。


今回、勉強する事で、どうしたらいいのかも、見えてくるはず。

youchien_sanpo.png


米澤先生が、幼稚園や保育園の登園の時、
母親と離れるのがイヤで、泣く子を、保育士さんが抱いて「大丈夫、今のうちにお母さん行って」と言い、子どもの前から、急にお母さんが消える。
子どもは、泣き止み、ケロッとして遊びはじめる。
実は、これ、「母子分離不安」を作っている状態で、良くないそうです。

離れ方が大切だそうです。

娘の、幼稚園の登園は、いつもこうでした。
だから、幼稚園の敷地の入口で、大泣き、大騒ぎをしました。

小学生に入り、支援学級の先生は、娘が落ち着くまで「お母さんも教室にどうぞ」と言ってくれる先生でした。
私は、娘が「帰っていいよ」と言うまで(数分から、朝の会が終わるまでなど)学校にいました。

今、仕事をされているママも多いから、難しいけど、ちょっと、頭にいれておいて欲しいな〜と思います。



そして、お迎え逃避。
幼稚園、保育園にお迎えに行くと、すんなり帰らず、「帰りたくない」と、園の中を走り回り逃げ回る。これも、愛着の問題を抱えている子の特徴だそうです。

娘、していました。

米澤先生によると、自分に注目してくれる時間を長引かせようとする行為だそうです。


愛着の問題は、親はもちろん、誰にでも、何歳でも、形成修復は可能だそうです。
(以前は親だけ、臨界期、敏感期とか、言われていたけど間違いでした)



今、普通に愛着障害(愛着に問題)を持つ子どもたちが増えている・・・
なぜかというと、
子どもにとって安全安心な居場所が、親ではなく、物(ゲーム、自室)になっている。
親も、見えるところばかり見て、見えない子どもの心を見ようとする力がない。
親自身も、ゲームやスマホに、自分の安全安心な居場所を求めている。


赤ちゃんが泣いたら、スマホで「泣き止ませアプリ」を見せる。
本来、親が「どうしたの〜よしよし!」と応えてあげて、
愛着形成につながって行くのに・・・



発達障害の専門家は、増えて来たそうですが、愛着障害の専門家はまだ少ないそうです。
発達障害があっても、なくても、愛着の問題は需要です。
ペアサポでも、伝えていきたいと、思っています。





るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村


posted by 佐藤 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき