CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月08日

〜ふだんの娘は、頼りになる。このギャップ〜

旭川で発達障害のある子もない子も
子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★


数日前、慣れない病院に私と一緒に薬をもらいに行き、
混雑していて、時間もかかり、
娘が限界になり荒れた話をしました。 →こちら


でも、刺激や不安がなければ、
とても安定していて問題のない娘ちゃん。
それどころか、頼りになるくらいです。



昨日は、警報が出るくらいの強風の音で
耳栓とイヤーマフをつけていましたが、
掃除も手伝い、
料理も手伝いたいと芋や人参の皮をむき、
皿やボールを次々手際よく洗ってくれました。
お米も研いでくれるし・・・
私が抜けているところも、してくれます。

syufu_otetsudai.png



先月も、里親で赤ちゃん預かったときも、
頼りになりました。



心配事や苦手なことがなければ、
落ち着いているのがふつう。
だから、夏休み、冬休み、コロナでの自粛のときなど、
落ち着いている日が多いのです。



夏休みの宿題プリントが終わり、もっとプリントしたいと言うので、
コピー用のプリントを渡すと、自分でコピーをして、なぞり書きをいっぱいしていました。
必ず娘は「○○していい?」「これでいい?」と確認してくれるので、「いいよ」と見守りながら・・・
かなりの枚数をコピーして「全部やる」と言っていましたが、「ここまでやった。残りは明日する」と、自分で考えクリアファイルに入れて、片づけていました。



一緒にテレビを見たり、女子会みたいに話で盛り上がったり・・・
娘は一人っ子なので、私は親でもあり、友だち役もしています。



見通しの立たないこと、慣れないこと、
不安、疲れ、空腹、感覚過敏、
そして、とても楽しみなことの前
(もし、少しでも楽しくない物になったら耐えられない不安)
落ち着かなくなり、頭の中は、そのことばかりに。
どんどん溜まってくるのに、
人前では、ずっと我慢している。
その我慢が、余計に、感覚を過敏にし、悪循環。


安心出来る私の前では、ストレスのガス抜き。
たまには爆発も。最近は少ない。
「ママスイッチ」とも俗に言うらしいです。
安心できる信頼しているママだから・・・



発達障害を勉強する前の私と夫の子育てで、
娘は、より不安の強い子に、
そして担任があわず、精神崩壊して、
落ち着きを取り戻すまでに、数年かかり、
今も薬を継続中です。


ずっと娘のことを知っている人は、
「よくここまで、育ったよね〜」と昔を振り返り言ってくれるけど、
今の、娘しかしらない人は、
「もう少し、ちゃんと躾けたら?」
そう思うと思います。



最近は、夫も理解してくれるようになったので、
夫の前でも、「イヤだ!」が言えるようになってきて、自分の思いや感情を出せるようになってきました。
我慢して、気持ちを隠す癖がある娘。(一番困っていることが言えない自閉症の特性も)
「大丈夫、我慢しなさい」「このくらい我慢して」と私達の子育ての失敗のせいで。
今は、気持ちを出すことを否定していない。
ただ、場所や人を選んで「出す」ように、教えてはいる。


「いい子でも、いい子でなくても愛される存在、認められる存在」と娘自身が確信すると、不安感は減り、意欲に、勇気に、繋がっていく。
今は、その土台をしっかり作り直しているところです。


相撲の土俵の様に、頑丈に・・・




るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村



















posted by 佐藤 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき