CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月05日

〜「叱る」は、大人の負け〜

子どもが、不適切な行動をして、
大人が、叱ってしまう。


1 子どもの発達段階、気持ちがわかっていない
 (親として子どもの人権を守れていない)

2 不適切な行動を正し、適切な行動へ導く方法をしらない
 (叱る方法しか知らない、無知)

3 自分の価値観、感情を子どもに押しつけている
 (自分の感情コントロールが出来ていない未熟者)


shitsuke_hysteria_father.png


結局、「叱る」は大人の負け



*子どもは、みんな褒められたいと思っている。
それなのに、叱られてしまうのは、大人の側が、課題設定や環境設定、期待値を子どもに合わせていないから。


*叱る行動は、子どもに反発する気持ちを持たせてしまう。また「叱る行為」が子どものモデルとなり、子どもが真似して、友だちをいじめる場合がある。


*子どもは、叱られることも嫌だが、叱る人や、そのまわりのことも嫌になってしまう。


*激しく叱る人の前では子どもは従順になるが、その人がいないという条件では問題を起すようだと意味が無い。しかし、激しく叱る人にとっては、「自分が叱れば子どもが言う事を聞く」ということになるので、叱る行為が止められない。


*叱っても、その行為が減らないとしたら、「叱る」に効果がないこと、「叱る」が本当の「叱る」になっていないことに気づかなければならない。


*不適切な行動を減らしたいときは、それに変る適切な行動を増やせばいい。


*子どもの適切な行動を増やすことが出来なければ「ほめている」とは言えない。
逆に叱ったつもりでも、直前の子どもの行動が増えていれば、褒めたことになっている。
大人が、褒めたつもり/叱ったつもりだったとしても、それがその通りになっているかどうかは、子どもの行動の変化を観察しないとわからない。


*「大人の注目」は、褒めることとして機能しやすい。


*子どもの適切な行動を見守る人は多いが、これは子どもにとって「注目されていない」事に成り、その行為を減らしてしまうかもしれない。「見守る」よりも、注目していくことが大切。


*激しく叱ると子どもはすぐに言う事を聞くので、大人としては、やりたくなるが、その効果はすぐに消える上に副作用が大きい。
一方、褒める効果はゆっくりと現れ、時として見えにくいが、教育の効果として、しっかりと定着する。


*よって、褒めることこそ、教育・子育ての成功に結びつく。



専門家向けの本から抜粋させていただきました。


C「しつけの仕方」記事一覧にもどる こちら



るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方