CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月02日

〜ウソも方便?!〜

学校からの連絡帳には
学校でしたこと、様子を担任が具体的に書いてくれます。


娘は、ひらがなを一文字ずつ読む程度、
漢字やカタカナが入ると、読めません。


毎日、「なんて書いてあるの?」と気にする娘。


書いて有ることに、少し着色して、伝えてあげます。

例えば、
原文「タオルのたたみ方、ちょっぴり雑になるので、
声をかけ、一緒に行なうと、きれいにたためました」
そのあとに、追加して
「集中すると、カドとカドを上手に合わることができます」

原文「お友達にと一緒に、○○係を仲良く行なってくれました」
そのあとに、追加して
「転校生に優しくできるのは、とても素晴らしいことです」

原文「頑張っていました」
追加して
「とても、頑張っていました」

こんな感じで、次に繋がる、またしてほしいことを強調して追加します。


ok_woman.png


私の母も、虚弱で自己肯定感の低い娘(私)に、
”ウソも方便”使っていました・・・
「○○おばさんが、あなたを褒めていたよ!」
褒められることが、少ない当時の私には、嬉しかった。
母の方便が、救ってくれました。


ばれない程度に、ウソも方便・・・


E我が家の子育記事一覧にもどる こちら



るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村






posted by 佐藤 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の子育て