CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年04月19日

〜重度自閉症のK君は、スゴイ能力がある子だった〜

私達は、
子どもが成長発達する段階を
言葉が出た、会話が出来る、
難しい内容を説明出来る、
コミュニケーションがとれるなど、
言葉の発達イコールその子の能力と思いがちです。


「思いがち」が「思いちがい」


娘の学校の1学年下にK君がいます。
(娘が好きな友だちの一人です)
K君は、しゃべれません。
いつも担当の先生が付いています。
娘の話だと「逃走するの」と。
「お腹が空いたと大声で泣いた」と。


だから、
知的能力は低いものの、
言葉は話せる、会話も出来る娘よりも
K君はもっと重度と思っていました。


ところが、ところが、
K君は、
東田直樹君と同じタイプでした。
文字盤の使用を教えられて覚えると、
K君は、思いを、考えをしっかり伝えられるのです。

彼の母は、PRMメソッドと出会い、
息子さんは、文字盤を使い意思を表現できるようになりました。


娘より、数倍、数十倍、数百倍、知的能力があり、
いっぱい解っていて、考えていて、
「スゴイ!すごすぎです!」
お下がりの教科書を使い、
本格的に自宅で、勉強しているそうです。



そして、K君の両親は国際結婚で、
今は、母と住んでいます。

6つの言語から選んで聞ける映画のことで
尋ねると「えいごでききたい」とK君。
父親の母国語も、
そのとき話していた母親の英語、
どちらも理解していたことがわかったと。
K君は、日本語と合わせて、
3つの言語を理解していたそうです。


自閉症は、発達の凸凹、
入力と出力の機能が、凸凹しているタイプ。
1人1人、凸凹の具合がちがう。

ai_character2_kid.png



その子を知ること。

「私達の概念」という眼鏡を通して
これが出来る、出来ないと
子どもを見てしまわないように・・・

子どもの、持っている能力を引き出せるよう、
K君の母に見習って行きたいな〜と
思いました。



「D 特性のある子の子育て」記事一覧にもどる



るんるん活動総合案内 こちら
るんるん子育ての正論からリアルまでの記事一覧へ こちら
るんるん最新つぶやき記事 こちら
るんるんプロフィールはこちら
るんるんペアサポ相談室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村















posted by 佐藤 at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害関係