CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月22日

〜愛着とは〜

愛着とは
愛着「アタッチメント」
簡単に言うと「大切な人との結びつき方」です。


人が乳幼児期に、特定の人(親)との間に結ぶ情愛的な絆です。


子どもと愛着関係を築くことの大切さは、
子どもにとって親が安全基地になること。
「自分は、いい子でも、いい子でなくても、見放されない安心感」
愛着を後ろ盾として、子どもは
様々なことを学び、吸収し、自らを育んでいきます。


ok_woman.png

あなたは、子どもの頃、
困った時に、母親の顔を見ると安心しましたか?


この乳幼児期の愛着形成
(子どもと養育者の相互作用)は、
のちのち、大人の恋人同士の相互作用にも、
次の子育てにも、影響します。


愛着形成は、子どもの時だけでなく、
その人の一生にかかわることなのです。


幼児期を過ぎたあとでも、親または他人と、
相互関係、心の安全地帯ができた人は、
良い方向へ傾くそうです。


「ありのままの自分を受け止めてくれる。
絶対見捨てないでくれる、安心できる人」が大事です。


愛着障害は、子どもの愛着障害から、研究が始まりましたが、
実は、成人の3分の1の人が不安定型の愛着をもち、
対人関係において困難を感じやすかったり、
不安やうつなどの精神的な問題を抱えやすく
なっていることがわかりました。


自分の子育てに悩む親の多くに、
少なからず不安定型の愛着形成(愛着障害)を抱えている方がいます。
というより、日本では、他国より多いのです。


〜今だからわかるようになりました。
 私は、HSC(ひといちばい敏感な子)でした。
 そして、軽い愛着障害でした。
 だから、娘の子育てで
 自分を責めて追い込み過ぎました。〜

 






posted by 佐藤 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の愛着障害