CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月19日

〜しつけ? おしつけ?〜

しつけと聞いて「叱ること」と
思っている方が多いですね。
嫌なイメージを持たれている方が多いです。


だいたい昭和の子育ては、
子どもの思いは無視して、
世間の目を気にし、
親の言う事をよく聞く子に育てようと、
注意、指導、怒る、叩く、
罰を与えるなど抑え付ける「おしつけ」でした。



今の時代は、
子どもの人権、人格を尊重し、
「教え、導くこと」と言われています。


実は、私も子育ての最初は、
言う事を聞かせる、叱る、怒鳴るという感じでした。

でも、上手くいきません。全くいきません。
発達障害があるのも原因ですが、
基本の「子どもを育てるということ」が、
わかっていなかったのです。


・教えているつもりでも、
 子どもの発達に合っていなくて、
 子どもが理解していない。

・直感や感情で動く子どもの特性を知らず、
 教える、諭す、導くタイミングが合っていない。

・子どもの学び方と、大人の学び方が違うことを、
 知らずに、叱ってしまう。

・効果的な褒め方、教え方、やる気を引き出す
 言葉掛けができていない。

親がそれらを学ぶと、
しつけが、少し楽しいものになります。
親子の信頼、絆が深まります。

shitsuke_shikaru_father_smile.png


始めから、しつけ上手な親はいません。
失敗を繰り返し、コツをつかんでいくのです。

でも、ちょっと知っているのと、
知らないのでは、かなり違います。

私は今でもしつけ下手です。
すぐに自分のいいように子育てしちゃう。


私達は、大人の感覚で物事を判断します。
ですが、子どもは大人のミニチュアではありません。
脳が完成するのは、20歳ころです。
少しずつ覚え、繰り返して、
様々なことを身につけていくのです。


「何回言ったらわかるの?」ではなくて、
「何度も、教えることが大事なのです。」
それが、しつけです。


〜しつけは、親自身が受けてきたしつけ、
関わり方で、しつけに対する考え方は、
皆さん違います。
そばに適切な手本がない方も多いです。
色々な考え方を聞いて(読んで)、
自分なりの、考え方、やり方を
見つけてください。〜



「C しつけの仕方」記事一覧 こちら



子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村


posted by 佐藤 at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方