CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月23日

〜カバの赤ちゃん誕生(旭山ZOO)〜

旭山動物園で、
カバの百吉と旭子の赤ちゃんが生まれました。


まだへその緒がブラブラ付いた状態で、
その赤ちゃんが立って、おっぱいを飲む姿が
ニュースで流れました。


昨年産まれた赤ちゃんは、
その日のうちに死んでしまった
悲しいことがあったので、
今回は、元気に育ってほしいです。


それにしても、へその緒が付いたまま
4つ足で歩いているカバ。
自然界では、産まれてすぐ立って歩けないと
敵に襲われてしまいます。

もし、人間の赤ちゃんが、
産まれてすぐに歩けるように産まれてくるとするなら
妊娠期間1年10か月は、かかります。
でも、その時の頭の大きさでは、
2足歩行になった人間の体の
骨盤の中(産道)は、通れません。
そこで、ギリギリ通れる妊娠10か月で
出産します。


それだけ、頭(脳)は、未熟な状態で
産まれてくるのです。
生きるという本能だけを持って・・・


そして、この最初の1年の関わり方で、
人としての高度な脳(感じる力、考える力…)の
土台の一段目が作られます。
大切な、1年目です。


posted by 佐藤 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき