CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月14日

〜欧米と日本の「良い子」の差が大きすぎ〜

米国は、多民族国家
目の色も、髪の色も、肌の色も
宗教も、出身も違っても
みんな違って当たり前の社会。

だから、自己主張出来る子が「良い子」
自分と他人との違いを明確にして、
自分の感情や意見を
言語的に主張出来るように育てる。


world_children.png


日本のような「従順な良い子」は
良い子ではないのです。



その、日本では
みんなが同じであることを前提に
自分の置かれている場や状態の中で
どう相手の気持ちをくむか
場や人に、どうあわせたらいいのかを
無意識のうちに、考え、
身につけることが求められてきました。



欧米では、発達障害も「差異」の一つ。

日本では、みんなと「違う」と、
長い間、排除する社会文化でした。



差異があって当たり前の
多様性を当たり前に認める社会を。


日本人の意識が変ろうとする時代に
ようやくなってきた感じです。


〜グローバルな時代、
他の国の子育ての話しを聞くと、
すごく勉強になりますね。
他の国の教育も面白いです。
聞く度、「へー!」と思いますね。〜





子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える