CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月10日

〜シールを貼りたい時期〜

数年前までは、
何でもびりびり剥がしたい。破りたい。
シールも剥がしたい。

ここ数年は、
シールをノートや紙に貼りたがり、
糊をつけて、何かしらを貼っていることも。
(始めは、どこでもかまわず貼っていたけど…)

最近は、小さなシールが大好き。
大きいシールは、小さく切って貼っている。



メルちゃん人形も、ずっと、
服を脱がせるばかりだったのに、
最近は、あおちゃん(メルちゃんの男友だち)との
お風呂遊びのあと、服を着せている。
着せられるようになってきた。



知的障害と発達の凸凹あるけど、
少しずつ、少しずつ、成長している。



それにしても、
「ママ、○○さんに、ちゃんとお礼言っておいてね!」
「ママ、忘れ物ないか、チェックしてよ!
 ママは、本当に、おっちょこちょいなんだから!」
「ママ、これ違うでしょ!間違えないでよ!」
「ママ、これ補充しといたからね。
 次のを買っといた方がいいよ!」
私より、しっかりしているところも多くて・・・
私、時々頼りにしています。


この娘のギャップが大きすぎ!


このギャップを、ありのまま捉えるのって、
なかなか難しかった。


あれが出来て、何でこれが出来ないの?
あれがわかって、何でこれがわからないの?
私の当たり前が、崩される。


だから、私の中にある「当り前」は、横に置いて、
娘を、シンプルに、見るようにしている。
今これがしたい、今これが出来る。
今の娘を「ふーん、そうなんだ」って、受け入れる。理解する。
それが、「ありのまま」受け入れるってことだと思って・・・



もちろん、したいことでも、ダメなことは、
「気持ちはわかった。だけど、こういう理由で、今は出来ません。」
と、ハッキリ言います。
すると「やだ〜っ!ママ嫌い!」と娘が荒れることもありますが、
それも、今の、娘の状態(気持ちや発達成長の途中)と受け止め、
落ち着くのを待ちます。
最近は、気持ちの切り替え、早くなりました。
少しずつ、成長しています。





posted by 佐藤 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話