CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月09日

〜赤ちゃんを育てるママ・パパへ〜

人間の赤ちゃんは、
脳が超未熟な状態で生まれてきます。

像やキリンのように、
生まれて間もなく立つことは
人の赤ちゃんは出来ません。
同じように脳がある程度完成して
生まれようとすると、1年10ヶ月お腹の中。
でも、二足歩行になった人間の骨盤(産道)は、
狭くなり、大きな頭では、通れません。
そこで、妊娠期間10か月で、
生きていく本能だけを持って生まれてくるのです。


脳の研究で、
生まれた直後から、
(お腹の中からかもしれませんが)
育つ環境、養育者(パパ、ママ)の関わり方が
脳の発達に大きく影響することが解っています。


大切なのは、
愛着形成のキーパーソンになるママを中心に、
パパや、様々な信頼出来る方達と、
一緒に、子育てを楽しんで欲しいのです。


赤ちゃんは、泣くのが仕事です。
泣いて、飲んで、寝て、また泣いて・・・

ものすごくかわいいですが、
なかなか泣き止まないことも、有ります。
そういう時期なんです。

泣き止まないからと、
イライラしたり、自分を責めないでくださいね。
気持ちは、わかるけど・・・


この時期、
「安心して泣けること」が、
赤ちゃんの脳の発達にいいのです。


***オススメ記事***

「産後うつ」になる理由

「抱きくせ」くらいが、ちょうどいい新生児期

「泣く」ことは大切なこと、泣いているのに応えてくれないと

お腹が空いているから泣く?

赤ちゃんの気持ちを言葉にしてあげよう

授乳の時、なんで目を合わせることが重要なのか

お腹の中では、昼夜逆転?

まれに抱かれるのを嫌がる子もいます



posted by 佐藤 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児期