CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月10日

〜発達障害・子どもから大人・親亡き後〜

先日、行政書士の佐々木氏と、
子供の大人の発達障害当事者支援者の
相互理解、研究 あざらしらぼの谷口氏と、
私(佐藤)と3人で、
「第1回 みんなにやさしい意見交換・相談室
 〜発達障害・子どもから大人・親亡き後〜」
を開催しました。


ペアレントサポートからは、発達障害児の子育てについて。
あざらしらぼからは、相互理解について。
行政書士からは、親亡き後を考えるについて。
お話したあと、質問タイム。


帰り際、参加者の方から、
「来てよかったわ!
他の方の質問に答えていたのを聞いて、
(特性によるもの、どうしてなのか、対処法など)
うちの子も、そうだったんだと気がついたわ。
ガミガミ怒ることではなかったのね。
もっと早く知っていれば〜」と言われました。


一方的な講演を聞くだけではなく、
様々な親からの「質問」と「答え」から、
学べることって、腑に落ちやすいのかなと思いました。


親の側の見方、問題と、
専門家の見方、問題とは、
かなり違うから・・・


私たちは、親が納得出来る、腑に落ちるように、
そして、親子がポジティブになれるように、
発達障害当児者と家族と支援者との、
相互理解が深まるように・・・
私たちが出来る学習事業で応援する。

これが、ミッション と思っています。


冬場は、ペアトレのフォローアップしかしませんが、
来年4月から、また、講演会、勉強会など、
頑張って活動しようと思っています。

ブログは、これからも日々続けま〜す!



posted by 佐藤 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告