CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月23日

〜逆に美味しい立場です〜

ペアレントサポートの活動を通し、様々な方とつながります。

講演会や勉強会、
絵本や本、専門書なども紹介してくださることも有ります。

今、専門職の方が読む本を、読んでいます。

元看護師なので、一般の方よりは、専門用語的な羅列には、慣れていますが、
内容を、私自身が理解し、経験や知識と合わせて、
どうわかりやすく、腑に落ちるように伝えられるか・・・
なかなか難しく、大変です。

200ページ以上ある、小さな文字ばかりで、内容にも無駄がなく、専門用語も多いこの本。
まず1ページずつ、私の頭に落とし入れていく作業が・・・しばらくかかりそう。
でも、勉強になります。

こうして、様々な専門分野の方と出会えて、学べることで、
私は成長していけます。母として、
そして当法人の活動にも、活かしていけます。

私は、心理士でも、保育士でも、〜療法士でも、〜福祉士でもありません。
何にも、縛られない、専門性を追求しなくてすむ、
しいていえば専門分野は「親目線」だから、
逆に美味しい立場です。

それにしても、勉強するほど、
発達障害あっても、なくても、
子育て期、乳幼児期の子育てが、いかに大事かと、
「人間形成の基礎は、乳幼児期に有り!」
と、つくづく思います。


posted by 佐藤 at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 私ごと〜