CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月30日

〜心の距離感〜

夏休み後、2学期の生活リズムにも慣れた頃から、
爪かみが多くなっているし、爪いじりも激しい。
軽く注意はしましたが、
何が、ストレスなのだろうか?
話しを聞いていても、
これといった原因がわからないでいました。

「学校イヤだ!」が始まりました。
「スクールバスの隣の席のお友だちがイヤだ!」
「作業がイヤだ!」

学校での様子、スクールバスでの様子を聞いても、
そんなに「イヤだ!」と、なるほどのことはない。
本当の原因は何?

娘の話を、「そうなんだ〜。フムフム。○○がイヤだったんだね〜。」
共感してあげながら、原因を探っていました。

あるとき、「○○先生(女性の担任)にも、しっかり伝えたし、先生わかってくれているよ〜」と
私が言ったときの、娘の表情が、瞳が、ちょっとだけ反応しました。
大好きな○○先生です。娘にとって、安心できる、信頼できる先生です。
娘にそれとなく聞いても、わからない。
たぶん、娘も認識出来ていない?自分の気持ちを・・・

なぞなぞか?
一日中考えて〜
昨年までは、娘の心が不安定になる出来事も有り、
○○先生は、ずいぶん娘と密に、話しをしていました。
でも、今年は、不安定になる材料がさほどなく、
わりと落ち着いていて、先生方からも、頼りにされ、褒められて・・・
○○先生は、作業班も一緒なので、いつも、一緒にいる。

もしかして、心の距離感?
もっと甘えたいけど、甘えられない?
自分のことをもっと見て欲しい?

娘に、「もしかして、○○先生と2人で、もっと色々なお話したいの?」と聞くと、
瞳が輝き、うなずきました。

先生に、伝えると、
そういえば、めずらしく手を触ってきたこと、手をつないできたことがあり、
私をもっと見てというサインだったのですね。気づかずすみません。と・・・
そして、意識して、娘と関わってくれて、
その後の娘は、そんなに嬉しいのかい?と思うほど、明るくなりました。
スクールバスがイヤだ!作業イヤだ!も、言わなくなりました。

普段から、生徒1人1人に十分に心をよせてくれる○○先生です。

母親もそうですが、家にいて、話したいときには、話せるからと、気にしていなかったのですが、
子どもは、「しっかり自分を見て欲しい」「自分の気持ちをわかって欲しい」と思っています。幼い子ほど。いや、思春期の子もそうかもしれません。(娘は知的に幼いですが)

心の距離感、2人の空間、私も意識するようにしています。
寝る前に、布団でゴロゴロしながら、たわいもない話しをし、一緒に笑い、話したいことがあれば聴ききってあげる。そんな時間を大切にしています。











posted by 佐藤 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話