CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年06月09日

〜ADHDの対応〜

 A D H Dの対応

ADHDは発達特性に起因するものであり、
育て方やしつけが原因となることはありません。

ただし、接し方や育て方が症状に影響を与えることはあります。


ADHDの子どもの多くは、こうしなければいけない、これをしてはいけないといったことは、わかってはいますが、刻々と変化する外部の刺激に飲み込まれて、どのように実行していくかを自分で計画することが困難です。

body_nou_bad.png


   < 対   応 >

★集中力を途切れさせない工夫
・テレビやおもちゃなどの刺激物を排除
・部屋の隅や、視覚的な刺激が入りにくい場所を学習の場所とする


★上手に褒める
・気づいたらできるだけ早く褒める
・子どもと目線を合わせ、自分の喜びをスレートに表現する
・トークン(ポイント)表の活用


★具体的なお手本
・指示を具体化する
(絵に描く、順番に必要なものを並べる、チェックリストを作成するなど)  


★好ましくない行動がみられたら
・叱ることは反抗を刺激するだけで、好ましい行動を導くことにはつながりません
・好ましくない行動がみられたら、注目せずに少し遠くで見守る
(目をそらす、他のことをする)
・興奮している場合は、まず落ち着かせる工夫を
・指示は一度にひとつ、具体的に
・「近づいて」「穏やかに」「静かな声で」注意する



わがままな訳でも、しつけができていない訳でもありません。
早くに、その子の、内なる心に気づいてあげてください。
わかっているけど、出来ないもどかしさは、
子ども自身が、感じています。



「D 特性のある子の子育て」記事一覧にもどる



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害関係