• もっと見る

2024年02月25日

ずいぶん前の「我が家の子育て記事一覧」

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******


我が家の子育て 記事一覧

こんなのやってたな〜と
2019年から1年くらいの間に書いた娘の子育て記事をまとめたもの

なんか懐かしい(笑)


子どもは比較しても意味がないって知りつつ

娘は一人っ子

シールを貼りたい時期


初めて行く病院で使うウラわざ

娘の体重管理

暴言?私の呼び方5段活用

自分で着替えができるように

娘の練習と私の我慢

食事の時には、ハサミが必要

学校行く、行かないの葛藤?

テキトーな娘とテキトーな母

やりたいが伸ばしどき

娘の年間周期

聴覚過敏のある娘の一週間

苦手だった美容室

視覚認知トレーニングをやってみる

便秘

mazui5_girl.png

偏食ひどかった

娘の感覚過敏

トイレ問題

助けを求めるスキル

お出かけの時の迷子対策

なぞなぞ?

スキーの季節

夫の「百聞は一見にしかず」

痛みに強いが痒みに弱い

学校とデイと母との共通連絡帳で

「なんでみんなとクラス違うの?」

乙女心と特性とで胃の調子がわるいらしい

ウソも方便?!

触覚過敏な娘の女の子の日

娘に愛着障害支援の対応をしてみたら

目からウロコ、自閉症併存タイプの愛着障害





るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)


posted by 佐藤 at 02:28 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年02月24日

学びあいの時間でした

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

昨日、令和5年度未委託等里親トレーニング事業の、私が担当するペアトレが終了しました。

今回は、ペアトレ〇回コ−スではなく、テーマごとに学べる単発で10テーマ。平日と土曜日(今月は祝日)の2回を毎月ZOOMで開催していました。

5年度は、地方の里親さんや、施設職員も多く参加してくださいました。
(オンラインなので、相乗りしてもらいました)




里親さんの年齢も30代〜70代
養子縁組希望の方、実子を育てながら里子を一緒に育てている方、何人も育てたベテランの里親さん、

委託される里子の年齢も、性格も特性も、背景も様々。


だから、様々な悩みを抱えることも多く、落ち込むこともある。

時には、相性が悪くて、委託解除することだってある。

18歳で委託解除になってからも、わが子同様の付き合いをしている方や養子縁組した方も。





皆さん、
一番、この子に必要なことは何なのか?

私に、この子をちゃんと育てられるのだろうか…不安。

色々な葛藤の中で、日々の積み重ねの中で、少しずつ心がつながっていく。

その様子をうかがっていると、すごいなと

里親さんの話を聞くと、人生観が変わります。


dada_kosodate_komaru_woman.png


里親さんだって、初めから子育てのプロではありません。

悩みながら、試行錯誤です。

だからこそ、自己流ではなく、昭和の伝承ではなく、正しい子育ての知識が必要なんです。





毎回、参加された里親さん方が、
「楽しみにしていました!」
「発見がたくさんありました!」
「心が軽くなりました!」
そう、言ってくださいます。


私も、講師をしながら、皆さんのお話を聞いて、学んだり、発見も、沢山させてもらいました。

里親さん同士、施設職員も、同じだったと思います。


online_kaigi_woman.png



子どもの事、子育ての事、夫の事、自分の事、こんなに正直に言っていいの?

大丈夫?って、思っていたら

里親支援専門員や施設職員、管理職の方まで、家庭での話もしてくれて(⋈◍>◡<◍)。

こんな場所って、他にないだろうなって、

私も皆さんも思っていて…




実は、道の里親支援研修の方法が変わりそう。続けられないかもしれないとの話があり心配していましたが…

令和6年度、同様に開催することができると聞き、ほっとしたところです。てれてれ



私も里親で、急遽、一時委託での要観察、要支援の乳幼児が来ることがあります。
そんなに多くはないですが、看護師なので、何か問題、心配がある子が来ることが多いのです。
ですので万一の時は、自宅からでも出来るオンラインでの講座などを中心に予定を組み立てています。


「子育て」「発達障害」「愛着障害」「男性脳女性脳」「隠れDV」など、家族の成長に役立つ学びを届けたいと思っています。


ZOOMで講座等を受けたい個人や団体の方、日中の講座に限りますが、公式LINE、メール
で、お問い合わせいただけたらと思います。






るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)




posted by 佐藤 at 05:04 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年02月21日

ペアサポのチラシができました

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

新しいペアサポのチラシができました!


表.jpg


本当は、私の顔は、載せたくないけれど…
どんな人が、やっているのか分かった方が安心ということで
今回、掲載しました。表面に小さめで(笑)


裏.jpg



「子育てのペアトレ」

この「ペアトレ」という言葉
人によっては、トレーニングさせられる的なマイナスのイメージを持つ方もいらっしゃいます。

本来、ペアレントトレーニングとは、一定時間(1時間〜2時間)を3回〜10回、ロールプレイを入れたり、宿題を出されたりしながら、適切な子どもへの関わり方を親が学ぶものです。

ペアトレと言っても、実は、色々あります。
昔からあるエビデンスのあるペアトレ(CSP、トリプルP、発達障害のペアトレなど)

当法人のペアトレ「Growing upコース」は、子どもを操る指示の出し方だけを学ぶものではないです。

様々なことを学び、子どもも親も共に成長していける内容です。

講話とディスカッションなので、リラックスして受けられます。




子育てする皆に知ってもらいたい

「完璧な親はいない」

「完璧な子もいない」

「完璧な子育てなんてない」



だけど、
してはいけないことはある!

「 虐 待 」

誰が見ても虐待だとわかる、身体的虐待以外でも

その子にとって、とても心が傷つく精神的虐待!

実は、親自身も、親からされてきた子育てを気づかないうちに我が子にしていることがよくあります。

逆に、違う子育てをしようと、自己流で上手くいかなくなることもあります。



ペアサポでは、誰も否定しません。

頑張って子育てしている親を応援したいのです。




脳科学、児童発達心理、様々な分野で、科学的にわかってきました。

以前は当たり前だと思ってきた子育ての仕方が、良くなかったこと。

本来の意図を知らず、上辺だけ真似た子育てが上手くいかなくなる

子ども一人一人違うのに、同じ風に子育てしようとしてしまう

自分の価値観を押し付けてしまう

思う通りに子どもが動かず、不安や怒りがわいてくる

とても多いです




子育ての本質は

一人の人間(赤ちゃん)を、人間らしく育てあげること

その子がその子らしく生きていける土台を作ること


だからこそ、正しい知識を持ってほしいのです。

本当に必要な子育てを知ってほしいのです。

子どもの心を育てること

そして、親の心と子どもの心がつながることです。



人類は、子育てしている親子の周りに、手を貸してくれる人、子どもと遊んでくれる人、子育てを教えてくれる人、相談できる人が、たくさんいるコミュニティの中で、子どもを育ててきました。共同養育は、人類が生き残り、繁栄するために進化した子育て法です。

人間は本能で子育てする動物ではなくて、教えられ助けられて子育てする動物なのです。



でも、現代はどうでしょう

親だけで、頑張っていませんか?

親だけに、押し付けられていませんか?

親がどれだけ正しい知識を持っているでしょう?

だからこそ、悪循環を果てしなく続ける前に、学んでほしいのです。


そして、ペアサポでは、
親が輝くことも、大切だと思っています。


「親が幸せそうだと、子どもは幸せを感じ、親が辛そうだと、子どもも辛くなる」のだそうです。


カラーコミュニケーション講座やカラーセラピーで、
自分はどんなタイプなのか、子どもはどんなタイプなのか、どんな強みがあるのかを知ったり、
自己認識を高め、感情を整理し、コミュニケーションを円滑にするという講座やセラピーも人気です。

12のタイプから自分の強みがわかる「魔法のスイッチ」
本当の自分を見つけ、ポリシーを作るお手伝い「予祝講座」もあります。


子育てする親である前に、「あなた」という一人の人間が「かがやく」ことが、
子どもの人生の手本になると思うのです。


そうは言っても、子育て中は制限ばかりですよね。
時間がない、自由がない、あれもこれもやらなければならないこと、責任が…
視野もどんどん狭くなります。

だからこそ、少し学んだり、つながったりしてほしいのです。

「まなぶ」「かがやく」「つながる」


急がば回れ!


自分を磨きませんか?




いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。
公式LINEで、メッセージいただけると嬉しいです。




るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)




posted by 佐藤 at 01:32 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年02月14日

「旭川市内 子育て支援情報一覧」作成中

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

「旭川市内 子育て支援情報一覧」というのを作成しています。

今回が2回目です。

2018年から、当時母子保健課の課長さんと意見交換をさせていただいていました。

2019年秋、「妊娠期から、親が子育てを学べる仕組みを作りたい」など、お話していました。
親だけでなく子どもの側も学校などで人権を守ることや、生と性についても、一連として学べるようにしたい。子どもはいずれ親になる(ならなくても大人にはなる)。
そのために、民間と市で、意見交換をしていきたい。
そして頑張る母親を支援したい、寄り添い支援ができないだろうか。
共感してくれた「親向けに子育ての学びを提供している方々」とつながりグループをつくり、子育ての現状など意見交換を重ねていました。


その頃、旭川で子どもの虐待、死亡事件が相次ぎました。

道外の方から、旭川には、子育て支援をされているところが無いんですかね?
そう聞かれることがあり
旭川では、子育てをしながら、ママ達を応援できればと子育て支援の活動や事業をされている方々がとても多いはずなのに、活かせていない。

どれだけあるのか、どんなところがあるのか、皆よく知らない。

そこで、まずは支援者を見える化(一覧)し、活用していこう。

孤立した子育て、虐待、育児うつを防ぐためにも、一番届けたい乳幼児を育てる親にということで、乳幼児健診でも配布してくれることになり、令和3年第1弾を作成しました。


表.jpg


その一覧チラシを見て来店しました!という方は、いないそうですが、
旭川にこんなところがあるんだと知るきっかけになった
この一覧があることで、「ここに相談してみたら?」と紹介できた
引っ越ししてきて、不安だったけれど、このチラシで少し安心できました


実は困っていたり孤立しがちな乳幼児期の子を育てる母親は多いです。
特に最初の育児は孤立しやすいです。


どこかで、誰かと繋がることで、そして繋げてあげることで、
一人ぼっちにさせない
子育てが辛く悲しいものにさせない
自信を無くさせない

お母さんというだけで、〇
皆を頼っていいんだよ
愚痴っていいんだよ

相談できる素敵な助産師さんいるよ
こころや体を整えてくれるところがあるんだよ
子育てを教えてくれるところもあるんだよ

大丈夫
皆が、ママ達を応援しているよ

そんな気持ちで、作り上げた「子育て支援情報一覧」



今回、第2弾を作成中です。

新しいプロジェクトチームと一緒に
掲載希望者と連絡を取り、データを集め、
一覧を作成中

ペアサポMiyuが、今回は一覧作成担当で、頑張ってくれています。

3月中に完成予定です。


乳幼児健診の時に配布していただきますが、
掲載者の手元にも、
そして、子育て関係機関にも置かせていただこうと思っています。


完成したら、また、ブログにて紹介します。

お楽しみに







るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)



posted by 佐藤 at 03:17 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年02月10日

恋人と夫婦の違い15条

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

以前に、Facebookで見た母親から娘に
恋人と夫婦の違いを書いたメモが
面白かったので、紹介


恋人と夫婦.jpg



恋人とは、不安との戦い
夫婦とは、不満との戦い


恋人とは、ときめきをくれる関係
夫婦とは、信頼と安心をくれる関係


恋人とは、快楽
夫婦とは、忍耐と寛容


恋人とは、責任がない
夫婦とは、責任がある


恋人とは、夢
夫婦とは、現実


恋人とは、他人
夫婦とは、家族


恋人とは、気持ちのつながりだけで
夫婦とは、相手の周りにあるもの全てを


恋人とは、一緒にいられる存在
夫婦とは、受け止める覚悟をした存在


恋人とは、点
夫婦とは、線


恋人とは、つのる情熱
夫婦とは、あふれる愛情


恋人とは、相手に完璧を求めること
夫婦とは、相手が不完全であることを認めること


恋人とは、幸せ気分を味わうもの
夫婦とは、幸せをつくりだすもの


恋人とは、お互いに見つめあうもの
夫婦とは、同じ方向を見るもの


恋人とは、休日娯楽
夫婦とは、日常生活


恋人とは、自由な関係
夫婦とは、運命共同体




恋人と夫婦って、これだけちがうのね
ってことは
子どもが産まれて家族になったとき、
親子になったときのバージョン…

自分で考えてみると、新たな発見があるかもしれませんね(^^♪




るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)



posted by 佐藤 at 01:47 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年02月09日

風を吹かせたい

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******


先進国の中で、発達障害児への支援が非常に遅れていると言われる日本です。
都道府県の中でも、北海道は遅れているそうです。
函館では以前からTEACCHプログラムの勉強会を支援者、教員グループが定期的にしているとは聞きました。


自閉症支援の代表である構造化も、保護者は、学ぶところがありません。
それどころか、旭川の放課後デイの中には、全く知識のないところもあるそうです。


福島県では、20年ほど前から、TEACCHが広がり、学校、福祉施設、事業所でも、当たり前のように構造化され、診断から、療育、家族支援者サポート、就労支援などのサービスが、行われているそうです。


早期療育ESDMは10年程前、岡山の事業所が取り入れ、現在では全国に広がっています。


道外では、世界の様々な支援を学び、取り入れている事業所、個人、とても多いです。
なぜか、北海道は、とても遅れています。


岐阜県の飛騨市では、全学校に作業療法室があり、週1回、作業療法士と言語聴覚士が全生徒を対象に指導されているそうです。
それは、飛騨市、市教委や学校側が、発達障害などをよく理解し、支援の必要性を認識されているからです。


足が不自由な方が車椅子を使うように、視力が悪い方が白杖や眼鏡を使うように、自閉症には構造化が必要です。その子に合った構造化です。
そして、発語がない、上手く話せない子、時には場面緘黙の子に、PECSやRPMがあります。



構造化や、ABA、PECS、RPMで、コミュニケーションが取れる、自分で出来ることが増えることが目的になりますが、
何より子どもの人権人格を守り、人として尊重される、
自尊心を育てながら、進めていくことが大事だと感じています。


ですが、全く知らない保護者。支援者。
「何度言ったらわかるの!」と怒ってばかり…
知っていても、見よう見まねでは、教えているのにできない、やっぱり無理だとあきらめてしまいます。


最近は、子どものために親が学ぶことよりも、お仕事や生活に追われ、その時しのぎのサービス(預かってもらえればそれでいい)に、頼りがちです。
特性を理解されずに、適切な支援をうけられずに成長したら、どうなるでしょうか?



「TEACCHプログラム」は、米ノースカロライナ州で1972年以来行われているASD(自閉スペクトラム症)の当事者とその家族を対象とした生涯支援プログラムです。

ASD(自閉スペクトラム症)のある人を「障害者」として見るのではなく、「世界の捉え方が特徴的である」「自閉症の文化」という態度で向き合い、親も共同療育者として、サポートされます。

この50年間で、世界(先進国)では、当たり前になりました。


world_children.png



どの国にも、発達障害の子がいます。

日本では、いまだに「障害者」という目で・・・

以前より、子どもの支援は増えました。

ですが、親には学びの場もなければ、サポートの場もない。

いまだに「母親だから、頑張りなさい」です。

言われなくても、頑張っています。必死に育てています。




親も子どもも、適切な教え方、関わり方、やり方を教えてもらっていないから、お互いに悪循環で、どんどん問題が増えていきます。




ペアサポでは、大きいことはできません。
一人一人に寄り添ってあげたい。
一人でも、学びたいという方がいれば、わかることは教えてあげたい。
つなげてあげたい。
そんな気持ちでいます。



今年は、少しでも
色々な支援があることを、セミナーや勉強会でお伝えしていけたらと思っています。
旭川にも、数少ないですが、指導者や支援者、学び活かしている親子がおられます。


適切な支援があることを、まずは知ってもらう

そして、一歩ずつ

風を吹かせたいです





るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)


posted by 佐藤 at 04:22 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年02月02日

夢は一人ではかなえられないから

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

つぶやき

10年前、発達障害児とママのためのサークル タンポポを作り、
40人を超える会員がいて、
遠くからも来ていて、

「子どものことがわからない」

「どう育てたらいいの?」

「私、母親なのに…」自信喪失


「死のうと思ったことがある」
「私も…橋から親子で飛び降りようと…」
「私も…」「私も…」
10人ほどでのランチのときに、ほぼ全員が、逃げ出したくなるほど、辛く、追い込まれた時期があったとわかりました。

私も追い込まれた一人で、だからこそ、サークルを作りました。

そして、発達障害って何?

どう育てたらいいの?

そんな勉強ができたらと、無料で来てくれる方々を講師に、勉強会をしていました。


ママだけでなく、みんなが学べるように・・・

もっと、専門的な方も来ていただけるように、法人化するといいと知り

大変だったけど、NPO法人ペアレントサポートを立ち上げました。

10名以上の正会員が必要だというと、皆次々OKしてくれたり

法人してから、しばらく経ち、ボランティアスタッフを募集したら、ペアトレを受けてくれた方々が17名もなってくれて…


group_women.png

いくつかのグループで、さあ、活動という令和2年、コロナが始まり…

2年、3年と経つと、皆さん、仕事や転勤引っ越しで、動ける人も限られて

それでも、「手伝える時は手伝うよ」って、言ってくれて…嬉しい


令和4年、一般社団法人に変更後も、ボランティアスタッフさんでいてくれる方々

そして、新しくボランティアスタッフになってくれた方々に

感謝しつつ

「誰でも気軽に学べる場」

「孤立した子育てを防ぐ」

「発達障害を理解した支援が当たり前に」


一人では、萎える気持ち

スタッフやボラスタがいてくれるおかげで、歩んでいけます。

そして、「何かあったら、声をかけてね」と言ってくださる多くの方々に感謝


夢は一人ではかなえられないから





るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)


posted by 佐藤 at 02:37 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年01月29日

RPM〜重度自閉症の支援の一つ

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

旭川でRPM学習会「はかせのかい」を開催されている鍛治さんからのお知らせです。


RPM(ラピッド・プロンプティング・メソッド)とは、インド人のソマ氏が開発した、言葉が話せない、話せたとしても自分の考えている事を伝えられない、絵カードを上手く使えない重度自閉症の教育法で2者選択から始め、文字盤の指差しによるコミュニケーションです。

この方法を利用して、算数や社会科学など、子どもに応じた幅広い学びも可能にするメソッドです。
なにより、自閉症の人たちが、暮しやすくなるためのスキル、生き生きと生活できるための様々なスキルの習得が目標で、RPMを始めて数年後、彼らの生活が劇的に変化することも少なくありません。

今回、鈴木麻子氏 米国在住、HALO認定RPM講師(レベル3)によるオンラインRPM講習会が、あるそうです。

RPM.jpg


RPMオンライン講演会
日時:2月25日(日)10:00~11:30
料金:2200円
申込み締切日:2/18

関心のある方は、
北海道申込担当
shogetsumayumi@hotmail.com

(後日録画配信もあります。当日参加が無理でも、視聴できます)

*聴講される方全員のメールアドレス、名前をご記入の上、メールを送信ください
*料金振り込み確認後、当日ワンクリックするだけのリンクをお送りします
*各自PCまたはスマートフォンからZOOMリンクにアクセス(資料があるのでPC推奨)


旭川では、鍛治(かじ)一朗君親子が、RPM学習会「はかせのかい」を開催しています。
旭川市永山公民館  月2回 日曜日10:00〜12:00  参加費100円
日時の問い合わせは
080-8290-1617かショートメールで事前に連絡お願いします。

文字盤で一朗君が話したことを、そのまま「はかせ(一朗君)」の日記として投稿されています
博士になりたい重度自閉症「はかせ」の日記(ブログ)
https://hakase51.hatenablog.com/


以前、母が「一朗は幸せ?」と聞いた時、一郎君は「前は幸せではなかった。でも、RPMで、ママと会話ができるようになって、今は幸せ」と答えたそうです。

もし、自分が、言葉が話せない上手く会話ができないからと、赤ちゃん扱いされたら、どんな気持ちでしょう。

世界から遅れて、ようやく日本でも、RPMやPECS、構造化、ESDM、自閉症支援をされる団体や人が、出てきました。
まだまだ、少ないですが…


親が手探りではなく、
支援関係者、教員にも、知ってほしいと願い
先月、旭川市内の小中学校に、RPM学習会のことを紹介した文書を送りました。
そのままファイルか、捨てられるかもしれませんが
出来ることをしていきたいと思っています。




るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)



posted by 佐藤 at 02:44 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年01月27日

2月東川「HSC」

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です

総合案内は こちら

*******


2月25日(日)東川町で


伊藤美子さんと、吉田育子さんを講師に

尾崎紀子さんが司会で

「HSCを正しく知ろうin東川」が開催されます。



旭川や近郊では、この3人だけがHSC/HSPのスペシャリストです。

こんな機会はめったにないので、ご案内します。



HSC1.jpg



5人に1人がHSC(ひといちばい敏感な子)


*HSCは生まれ持った気質、病気や障害ではありません


*些細なことが気になり、傷つきやすいところがあります


*感性が豊か、哲学的なことを言うことがあります


*保育園や学校など多人数の環境が苦しいと感じるお子さんもいます


*HSCは新たなレッテル貼りではなく一人一人の子どもを理解するためのヒントです



HSC2.jpg



「HSCを正しく知ろうin東川」


日時:2月25日(日)10:00~13:00

会場:せんとぴゅあT・コミュニティホール

参加費:500円(当日お支払い)

定員:50名

対象者:保護者、教員、教育関係者、関心のある方

(託児は満員ですが、大人は当日申込なく参加もOkだそうです)



お申し込みは、チラシのQRコード


お問い合わせ(尾崎)

minaiikao-hsc@yahoo.co.jp



伊藤さんも吉田さんも尾崎さんも素敵な方ですよ。







るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)
posted by 佐藤 at 02:30 | TrackBack(0) | つぶやき

2024年01月26日

LINEの「。」の件

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
*******

テレビで、若者にとって、
LINEの文章の終わりに「。」が付くと、恐いイメージだそう。


私は、いっぱい「。」使っているし

私の送るLINEメッセージは、絵文字もスタンプもほぼなくて、
「佐藤さん、怒っている?」というイメージだと言われたこともあります。

気を付けようと思ったこともありますが、
そうすると、打てなくなって、送信しにくくなって(笑)

よほど気持ちも時間も余裕あるときでないと、事務的です。

お会いすれば、皆さん、「単なるそういう人」と理解してくれますが…


computer_message_app.png


私にとっては、LINEもメールも同じ文章を送るツールでしかありません。

時代遅れかもしれませんが…

ですから

今後も、公式LINEやメールで、文章を送ります。

シンプル

そっけない

誤字脱字

返事が遅い


申し訳ありませんが
「そういう人」と思って、気にしないでください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

m(__)m





るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)

posted by 佐藤 at 08:11 | TrackBack(0) | つぶやき