CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月26日

〜子育て極意、積み木は倒すことに意味がある〜

失敗を恐れて行動できない

失敗は悪いこと
失敗はしてはいけないこと

失敗したら、落ち込んで次に進められない
こういう人が多いですね。


幼い頃から、
「こうあるべき」を教えられ
積んだ物は、壊しちゃ行けない。
倒しちゃ行けない。
失敗したらいけないって・・・
教えられませんでしたか?



積み木は、
積み上げることが重要ではなく、
積んだ積み木が、倒れる。
倒れることに慣れる。
失敗になれる。
そして、また積めばいい。
失敗しても、何度でも挑戦していい。
そのことを繰り返し学ぶものなのです。


赤ちゃんからの、成長をみると、
まずは、積み木を口に入れ、物の確認
つかんで投げて、
積み木をぶつけあわせて、音を楽しみ、
並べて、重ねて、倒して、投げて、
誰かが積み上げた積み木を倒して、
倒れる様子、倒れる音を繰り返し感じて、
そのうち、真似て自分で積んでみる。
上手く積めないけど、何度も何度も・・・

そうやって、積み木から学んで行く。


そのときに、大人は、
「ダメでしょ!壊しちゃ、倒しちゃ!」って
言わないこと。


倒しちゃったら、また積めばいいこと。
他の子が積んだ積み木を倒したら、
謝ること。
他の子に、倒されても、最後は許すこと。
もちろん、ギャーと怒る気持ちを
大人が受け止め、サポートする必要はあります。


toy_tsumiki_kids_kyouryoku.png



失敗しても、大丈夫!
また、積めばいい・・・


徐々に、誰かと協力して積む。
一緒に、喜び、一緒にがっかり・・・


積み木って、
子どもの心を育むシンプルだけど
すごいグッズですね。


〜上手く積めなくて、すぐ倒れる積み木。
私「あら、倒れちゃった!残念!せっかく出来たのに!」
と娘に言っていました。反省です。
娘の幼少期に知っていれば良かった〜。
娘は、失敗を恐れます。
学校や支援の先生から言われてきたこと。
「常に不安ですよね。オドオドしていますね。」

そうなったのは、私や夫の
「こうあるべき」のたまもの。
今では、
夫と2人で、
「大丈夫、失敗したって、上手く出来なくても、
また、やればいいんだよ!」
娘のオドオド感は、減りました。〜



「A 子育てを考える」記事一覧に戻る こちら



子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
F大人の愛着障害

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のため一日一回クリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村
posted by 佐藤 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2020年02月12日

〜子どもの自己肯定感を高めるには〜

自己肯定感とは、
自己否定の反対語として作られた言葉です。


自分は、ダメな存在だ。どうせ自分なんて・・・
自分を否定する気持ちとは逆に、
自分は生きていていい存在なんだ。
自分は、自分でいいんだ。
自分の存在を肯定するのが
自己肯定感です。


人より優れているとか、
何が出来るとか、
そういうことではありません。

赤ちゃん抱っこ.png



基点は、
生まれたとき
「生まれてきてくれて、ありがとう!」
ただ、存在してくれることだけでいいのです。
それが、自己肯定感なのです。


では、なぜ、今、みなさんが
自己肯定感に注目されるのでしょうか?


自己否定してしまう人や子どもが多いですよね。


では、子どもの場合、
なぜ自己肯定感が低くなるのか?
自己否定感が強くなるのか?

それは、自分なりに努力したことを否定される
頑張ったことを認めて貰えない


子どもは、自分の努力を否定されると
自分の存在も否定されたように感じるのです。



子どもの自己肯定感を上げるには
逆に、肯定すればいいのです。


何か出来たとき、スゴイときだけ
褒める、認めるのではなく、
小さな努力も褒める
気持ちを認める
日々のたわいもない生活に
いいねをする


「ありのままのあなたでいい」
「あなたがいい」
「生まれてきてくれて、ありがとう!」
「あなたの存在は、宝物」
特に、幼児期には
毎晩言ってあげて欲しいですね。
言わなきゃ、伝わりません。



いい子でも、いい子でなくても、
まるごと愛されているという実感が、
子どもの自己肯定感を高めます。


「A 子育てを考える」記事一覧にもどる こちら



子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2020年02月02日

〜子育ての参考に、オススメの本〜

子育てに関する本は、たくさんあります。
その中で、私が、人にオススメしている本を
一部紹介します。


★「子どもの心の育てかた」(河出書房新社)
 児童精神科医 佐々木正美著
〜子どもを甘やかすことを決して恐れず、
 一生懸命にかわいがって育ててください。
 いい子にしているときに、かわいがるのではなく、
 どんなときでも愛してあげてください。
 子どもは愛されることで、いい子になるのです。
               佐々木正美〜


★「子育てハッピーアドバイス」(一万年堂出版)
 子育てカウンセラー心療内科医 明橋大二著
・マンガが多く見やすいです。
・0歳〜3歳の、3歳〜6歳の、
 HSC(ひといちばい敏感な子)の、
 ほめ方・しかり方、等々あります。


★「だいじょうぶ!気づいたときが出発点」
  東京家庭教育(佼成出版社)
・子どもに学ぶ家庭教育
・子どもと一緒に親も育ちます


★「発達がわかれば子どもが見える」
  乳幼児保育研究会(きょうせい)
・乳幼児期の、成長発達が詳しく書かれて、
 保育園の先生方が参考にしている本で、
 わかりやすいです


★「マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育」
  エンジェルズハウス研究所(AHL)所長
  田中昌子著 (日本能率協会マネージメント)
・子どもの成長に必要なことは、
 すべて子どもが教えてくれる!


★「脳を傷つけない子育て」
 福井大学子どものこころの発達研究センター教授
  友田明美著 (河出書房新社)
・マンガでわかるマルトリートメント
・具体的に、わかりやすく、読みやすいです


★「大人が忘れかけた子どもの世界」
 元教諭 言葉と発達の教室
  青木久美子著
・子どもの感じる力、聴く力、考える力、
 伝える力を引き出すには、どうすればいいのか
 子どもとのやりとりを紹介したエッセイ


DSCN4227.JPG


〜子どものことを思って、頑張ってきた私の子育てが、
逆に良くなかったところを、明確に知りましたね。
もちろん、良かったところも。
何冊か読むと、同じところと、違うところがあり、
自分なりに色々考えることができました〜



参考にしてきた本を一覧にしました こちら


「A 子育てを考える」記事一覧に戻る こちら


子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村




posted by 佐藤 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2020年01月31日

〜マルトリートメントとは子どもが感じる虐待です〜

マルトリートメントの語源は
「mal(悪い・悪く)+「treatment(扱い)」
=「maltreatment(不適切な養育)」


虐待は自分に関係ない。
そう思っている人が多いと思います。

たとえば、大きな声で叱ったり、
しつけの一環として手加減をして
叩いたりすることはありませんか?


school_taibatsu.png



このとき、親としては加害の意図はないでしょう。
ところが、子どもの心は、傷ついています。
注目すべきは親の意図ではなく
子どもの心の状態です。

子どもの心を傷付けるような不適切な関わりは
「虐待」という言葉よりも広い意味を持つ
「マルトリートメント」とよばれ
避けるべき子育てと言えます。



<代表的なマルトリートメント>

・心理的マルトリートメント
「バカ」「あなたを産んだせいで苦労している」など、
人格を否定するようなことを言う、
兄弟間で比較するなど

・面前DV(心理的マルトリートメントの一種)
子どもの前や家庭内で家族に対して暴力を振るう(DV)
家庭内でケンカをするなど

・身体的マルトリートメント
しつけのためにたたく(手加減をしている場合も含む)など

・ネグレクト
忙しくて子どもの声を無視する、短時間でも家や車の中に
放置する、体調を崩しても病院につれていかないなど

・性的マルトリートメント
子どもが嫌がるのにお風呂に一緒に入る、
夫婦関係のことを子どもに話すなど


一つもマルトリートメントのない家庭はありませんが、
繰り返されると、子どもの心は、傷つきます。


本「脳を傷つけない子育て」友田明美著 より抜粋


〜今わかる、子どものころ自家中毒だった自分。
今で言う「マルトリートメントによる愛着障害」
つい最近まで、心の奥底にずっとあったことを。
そんな思いを、娘には、させたくないと思いました〜



子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村


posted by 佐藤 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2020年01月18日

〜親が楽しそうに生きる姿は、子どもを安心させます〜

子供にとって
一番の心の支えと安心は
親が前向きで
楽しそうに生きていることを
見ること。感じることです。



重度自閉症の東田直樹さん
(「自閉症の僕が跳びはねる理由」などの著者)
彼が、この本の中で、
「何が一番辛いですか?」の質問に、
こう答えていました。

「自分が辛いのは、我慢できます。
しかし、自分のせいで、
悲しんでいる人がいる、
自分がいることで周りを
不幸にしていることには、
僕たちは耐えられないのです。」


発達障害や障害などあるお子さんは、
自分のせいで、親が困っている、悩んでいることを
敏感に感じます。

定型発達といわれる子達も
実は同じなんです。


親が子育てを負担に感じ
辛そうにしていると・・・
親が考える以上に
子どもの心は傷ついています。



もちろん、
上手くいかない日々も多いかもしれません。
「365歩のマーチ」
「人生は・・・
 3歩進んで、2歩さがる・・・」

前を向いて歩めば、
少しずつでも、前に進みます。
途中、休憩したっていい。
振り返ってもいい。
(でも、後ろ向きには、ならないでね)



人生で大切な
「前を向いて、生きる」姿勢を
子供のうちに、感じるように、教えられるのは
親(養育者)しかいません。



子育ての手法よりも
まずは、親の生きる姿勢が大切だと
感じています。


tehepero6_youngwoman.png


〜うちの娘には、
「いいの、いいの、
みんな違って、みんないいんだよ。
みんな、出来る事と、出来ない事あるよ。
困ったら、助けて、手伝ってって、言えばいい。
ありがとうって、感謝して、
あとは、適当でいいよ〜。何とかなるよ〜。」
って、言っています。
適当すぎるかな?〜



「A 子育てを考える」記事一覧 こちら


子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村




posted by 佐藤 at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2020年01月14日

〜欧米と日本の「良い子」の差が大きすぎ〜

米国は、多民族国家
目の色も、髪の色も、肌の色も
宗教も、出身も違っても
みんな違って当たり前の社会。

だから、自己主張出来る子が「良い子」
自分と他人との違いを明確にして、
自分の感情や意見を
言語的に主張出来るように育てる。


world_children.png


日本のような「従順な良い子」は
良い子ではないのです。



その、日本では
みんなが同じであることを前提に
自分の置かれている場や状態の中で
どう相手の気持ちをくむか
場や人に、どうあわせたらいいのかを
無意識のうちに、考え、
身につけることが求められてきました。



欧米では、発達障害も「差異」の一つ。

日本では、みんなと「違う」と、
長い間、排除する社会文化でした。



差異があって当たり前の
多様性を当たり前に認める社会を。


日本人の意識が変ろうとする時代に
ようやくなってきた感じです。


〜グローバルな時代、
他の国の子育ての話しを聞くと、
すごく勉強になりますね。
他の国の教育も面白いです。
聞く度、「へー!」と思いますね。〜




子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2019年12月22日

〜時代で変る子育てと、大事なこと〜

私達は,、今でこそ、
ほぼ核家族で育てているけど
人類の進化の長い間
生活する地域(コミュニティ)の中で
みんなで協力し
手をかけ、子ども達を育ててきました。


アフリカのことわざで
「子どもを育てるには、村中の人が必要」
というのがあります。


人は、集団で生きる動物です。
多くの人と関わるから、
たくさんの知識、智恵と、
集団で生きるための社会性を学びます。



日本も、以前は、
みんなで育てるのが当たり前だったそうです。


rakugo_jugemu.png


江戸時代
産後の肥立ちが悪く
5割近くの母親が亡くなっていたという記録もあり
出産は、本当に命がけだったそうです。

母親を亡くした子は、長屋や、集落といった
地域の共同体の中で、育てられました。
地域の子は、地域に住むみんなの宝。


明治時代
欧米の医学が入り
出産で亡くなる母親が減少していきました。
民法で、家長を頂点とした「家族制度」が整い
地域での共同での保育から
家庭で母親が保育することが定着してきました。



脳の研究で、
共同での保育が、
脳の「社会性を育む土台作りを担う部分」を
活性化させることがわかったそうです。


脳の検査とその子の環境を調べると
園の先生、保育士、祖父母、親戚、
近所の人、支援の方などの信頼出来る人たち。
親以外の人たちとの豊かな関わりが有る子は
その脳の部分が活性化し
関わる養育者の数が多いほど
より活性化しているそうです。


逆に、親としか触れ合わないで乳幼児期を過ごす。
怒られてばかりや、虐待を受けている子の脳では
その部分が活性化していなかったり
萎縮することもあるそうです。



この「社会性を育む部分」は
自分の感情のコントロールをしたり
自分の行動がどんな結果になるか予想したり
他の人の気持ちを共感したり
関係する脳の領域とネットワークを密にして
育まれるところだそうです。


活性化していなかったり、萎縮していると
衝動的で、キレやすくなったり
相手の気持ちを考えたり、想像するのも
難しく、苦手になるそうです。




もちろん、
母子の愛着形成が一番大事ですが
乳幼児期から
色んな、信頼出来る多くの方々と
親子共々
触れ合っているといいようですね。


子どもも、親も、
集団の中で、育っていく動物(人間)です。
脳からみても、
共同で子育てするのがいいらしいです。


〜人付き合いが苦手な母は、無理せず、
保育園の先生や、信頼出来る人に、
関わってもらいましょう。〜



「A 子育てを考える」記事一覧 こちら



子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2019年12月20日

〜ママなんて大嫌いは、大好きってこと〜

子どもが親に向かって
「大嫌い!」というのは、
「大好き」だよってこと。

「大好きだから、自分のこと、わかってよ!
 何で、認めてくれないんだ!」ってこと。



本当に、嫌いなら、
「大嫌い!」なんて言わずに、無視する。
「大嫌い!」なんて、絶対いわない。


kids_ryoushin_mimamoru.png

「嫌い」といっても、
見捨てられないことが解っているから言えること。


子どもって、基本的には、
親を無条件に尊敬している。
というか、
生きていくために必要な本能みたいに。



だから、親の求めることに、
従おうとする。
親の期待通りになりたいと
努力する。



たいていの人は、成長に伴い、
自分の価値観、考え方を持つようになり、
適度に反抗して、
自分の道を歩き出す。


幼児期の反抗期、
思春期の反抗期、
ちゃんと子どもは言えてますか?
「ママ嫌い!うざい!」


〜うちでは、
「ママなんて嫌い!」と言えば、
「ママは、大好き!」と答えています。
いつの間にか、言わなくなりました〜



「A 子育てを考える」記事一覧 こちら


子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村





posted by 佐藤 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2019年11月29日

〜まず、大人が落ち着く。ヨーロッパでは〜

子どもが、
予想外のことをしたとき、
イタズラや物を壊す・・・
かんしゃくや、パニック・・・

そんなとき、
親は、カーッ!って、
怒ること、有りますよね。
怒って、怒鳴る。
「何やってんのーっ!ダメでしょ!」


人間だからね。
喜怒哀楽、あって当然。大事なことです。


でも、子育てにおいては、
子どもは、親を見て、親を手本にします。
感情のコントロールの仕方も・・・


まず、大人(親)が落ち着き、
子どもを落ち着かせ、
何が悪くて、
何が良いことなのか、
どうしたら、良かったのか、
諭すように、わかるように、
教えてくれる親なら、
子どもも、少しずつ、
感情のコントロールする力が付いてきます。


まずは、大人(親)が、
自分の「怒り」の感情に気づき、
自分の感情をコントロールする方法を
意識して、身につけることです。


親が落ち着いていないと、
子どもは落ち着きません。


shitsuke_shikaru_father_smile.png



ヨーロッパの国の話しですが、
何かの記事で読んだこと。
「大人って、どんな人?」という質問に、
「感情コントロールが出来て、
 冷静に物事を考えて、
 子どもに色々なことを教えてくれる人」
そのようなことが書いて有りました。
そして、「親を尊敬出来る」と答えた割合は、
日本より高いそうです。


〜日本って、周りの人に
「私は、しつけをしています」って、アピール?
そう思うぐらいの親を見ることがありますね。
でも、子どもは、人前で怒られて、
恥ずかしくて、傷ついていませんか?
あなたが、子どもなら、どうかしら?

って、私、子育て学ぶ前は、人前でも
ガンガン怒っていました(反省)〜




子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村




posted by 佐藤 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える

2019年11月15日

〜自分を律して行動できる人間に育てるには 〜

自分を律して行動できる人間に育てるには

それには、子どもを信じて「任せる」と言うことです。
「任せる」とは、放任することではありません。
手や口を出さず、心を配って見守ることです。


子どもは努力を命として生まれてきます。

ですから、親が過剰名干渉をしないようにしていれば、
年令や発達、能力に応じて自然に
「○○したい!」という気持ちが芽生え、
夢中になってやりたいことに取り組むようになります。


成功して喜びを味わったり、
逆に失敗してつまずいたり、
そうした体験を繰り返しながら、学んでいきます。

ですから、親がすべきことは、
子どもが自ら成長する力を信じて守り、
失敗した時に痛みを受け止めて優しく励まし、
できたことを認めることです。


kids_ryoushin_mimamoru.png


有名な山本五十六の道歌

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

実は続きがあります。

「話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず
 やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず」



「だいじょうぶ!気づいた時が出発点」東京家庭教育研究所より抜粋


〜子どもを育てる、人を育てるって、難しいですね。
自分も育たないと・・・
まだまだ、修行が足りないかな(笑)〜


「A 子育てを考える」記事一覧にもどる こちら


子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村




posted by 佐藤 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える