• もっと見る

2022年09月27日

子どもの育ち方の記事より

「子育て」や「発達障害」の学びの場など提供するペアレントサポート旭川です
総合案内は こちら
予約HPは こちら
**********


以前に書いた記事
今なら、書き直そうかと思う記事もあると思うけど、たくさんあり過ぎて・・・
なので、そのままで。

学びながら、調べながら、書き溜めたブログ
「Growing upコース」の中の「子どもの育ち方」にも、ところどころ使っています。


子育ての正論からリアルまで
「子育て中の方に見て頂きたい記事一覧」

B子どもの育ち方 記事一覧の中から・・・

T 新生児期(0歳)

生まれた時から悩むんだって

「産後うつ」になる理由

「抱きぐせ」くらいがちょうどいい新生児期

「泣く」ことは大切なこと、泣いているのに応えないと

お腹が空いているから泣くのか?

授乳のとき、なんで目を合わせることが重要なのか

お腹の中では、昼夜逆転?

赤ちゃんの好奇心と達成感は脳の発育に大切

助産師さんから言われたこと


dakko_mama_boy.png


U 乳幼児期(0歳〜3歳)

乳幼児期の成長は運動→研究→秩序→学びの順に

赤ちゃんの子育てに疲れたママへのベストアンサーがすごかった

・イヤイヤ期は順調な成長の証

3歳までは、心の土台

保育と育児は違う!

子どもが2歳までの離婚率が高い?

「○○していい?」のいくつかの解釈

  

V 幼児期後期(3歳〜6歳)

しつけとは、教えることです。叱ることではありません

人の役に立てると嬉しい時期

夫婦げんかも自分のせい?幼児期の特徴

おねしょを怒ると・・・

幼児期こそ、ていねいに

W 児童前期

児童前期は、落ち着きがなくて当たり前


X 児童後期
ヘリクツ、憎まれ口は、立派な成長の証です


Y 中学(思春期)

中学生、ゴロゴロするのには訳がある

中学生「友だち世界」がやってくる

中学生の親への反抗は、愛情の確認と自立への階段


こんな感じで、子どもは成長しているので、その子の成長発達、気質に合わせたかかわり方が、子どもの向上心、自立心、自尊心に影響してしまうのよね。

私は、子どもを理解するところから、子育ては始まると思っています。
発達障害あるなしに関係なく。

子どもの心も、親自身の心も、大切に❣

子どもと向かい合ってきた時間は、宝物。
その時には、反抗したり、問題続きで辛いけど
子どもが大人になった時
ちゃんと、その答えが返ってくる

周りを見ていて、実感します。

だからこそ、子育てやお仕事に忙しいと思うけれど、大切な「子育て中の今だからこそ」学んでほしいと思うのです。





るんるんランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん個別相談 こちら

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるんペアサポ公式LINE こちら

るんるんあざらしらぼ公式LINE こちら
(発達障害当事者支援者による勉強会はこちら!)

るんるんHappy🧡color公式LINE こちら
(カラーを味方につける方法を配信しています!)

るんるんくる〜る公式LINE こちら
(こころを豊かにする魔法使い)

posted by 佐藤 at 05:14 | TrackBack(0) | つぶやき
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック