CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月18日

〜「みんな違ってみんないい」世界に〜

旭川で「子育て」や「発達障害」の学びの場を
提供しているNPO法人ペアレントサポートです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

発達障害を持つ子ども、大人・・・
この世界は、
過ごしづらい、生きづらい、わかりづらいことばかりらしい


発達障害といっても、
ひとりひとり違う特性



私達からみたら、
そんなに問題?そんなにイヤなこと?と思うけど、
私達の100倍、問題で、イヤなことらしい



body_nou_bad.png



発達障害の人に「わかるよ、その気持ち」って、言ったら、
「わかるわけないでしょう。あなた発達障害じゃないんだから。」
と言われた話しが出て、


以前「大変ですね、わかります、お母さんの気持ち」とサラリと言われて
発達障害の子を育てたことのないあなたに何がわかるの?
と、内心怒った時のことを思い出す。



逆に「同じ発達障害児の親」と言うだけで、
分かり合える気がしてしまう。


特性などは、違っても、
困り具合は、一緒なんだと思うからか・・・



一番の敵は、
発達障害を知ったかぶり、
「こうなんだろう」と決めつけたり、
多数派に合わせようと、無理を強いる
教師や上司、時には家族・・・



この多数派の世界において、
毎日、その子なりに我慢して生きているのに、
「少しぐらい我慢して。わがまま言わないの!」
そう、言い続けられたら、
二次障害になるのは、当たり前・・・



私達が、想像する「違い」は、本当は
表面的だけでなく、奥深いところまで、違うこと、
だからこそ、話し合い、伝え合って、
その違いを、認め合うことが、
少しでも、生きやすい世界に繋がるのではないだろうか・・・


「違い」を、否定していては、はじまらない
まずは話を聴く。
(質問攻めはせずに)


私達が、その「違い」を理解するのも大事だし、
逆に、その「違い」をわかりやすく発達障害児者に伝え
どうしたら、お互いに困り感を減らせるのかを、
一緒に考えることが出来たなら、
いいな〜


発達障害だけでなく、
多数派の世界で、生きづらさを感じる人々、子ども達。
「みんな違って、みんないい」
そんな世界に、少しでも、なってほしい・・・
身近な所から・・・



そう願っています。




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)
posted by 佐藤 at 02:05 | TrackBack(0) | つぶやき
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック