CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月03日

子どもの頃、嫌だったこと、心の傷つき

旭川で「子育て」や「発達障害」の学びの場を
提供しているNPO法人ペアレントサポートです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みなさんは、子どもの頃、親から言われたこと、されたことで、今でも心に残っている嫌だったこと、ありませんか?


私は、父から
よく兄と比較されて「お前はダメだな…バカだな…」
何かしくじったとき、無言でげんこつが飛んでくる
怒られて、押し入れや物置小屋に入れられて、暗くて怖かった
私が大切にしていたものを壊しても謝ってくれなかった


きっと、みなさんも、何かしらあるでしょう


ペアサポのペアトレ「Growing upコース」の中に、「マルトリートメント」を学ぶところがあります

「mal(悪い・悪く)」∔「treatment(扱い)」=「maltreatment(不適切な養育)」

マルっていうから、良いことかと思いきや、違うのです。紛らわしいわ。
バツトリートメントにしてほしいと、英語の苦手な私はひそかに思う。
それは、さておいて・・・

新聞やニュースで言う虐待は、誰が見ても「子どもの心や体が傷ついている」とわかる虐待。

マルトリートメントは、大人(親)が言ったこと、行った行為で、その子の心が傷ついたかどうか。その子自身が感じる広〜い意味での虐待のことです。


私の「心に残っている嫌だったこと」は、まさに「マルトリートメント」

じゃあ、父は私のことを嫌いだったのか?
逆です。
子どものころ身体の弱かった私を心配し、働いていた母の代わりに食事を用意したり、一緒に山菜を取りにつれて行ってくれたり、娘が大好きな父でした。(今思えば…)

だけど、怖かった。
愛されているという安心感はなく、いつも父の顔色をうかがっていました。


脳科学が進歩し、この「マルトリートメント(不適切な養育)」が、予想以上に、子どもの脳を委縮させたり、活発化しなくていいところが活発化したり、脳の様々な部位に影響して、子どもの脳を傷つけていることが分かってきました。


そして、もう一つわかったこと
「幼い子ほど、傷つきやすい。そして、子どもの脳は回復力がある。適切な養育で傷を修復することができる」そうです。


「マルトリートメント(不適切な養育)」が続くと、愛着障害、学習能力の低下、非行、うつ、依存症、摂食障害・・・後々影響が出てくるそうです。

そこまでいかなくても、自己肯定感の低さ。「どうせ、自分なんて」「自分は価値のない存在だ」。日本は世界一、子どもの自己肯定感が低い国だそうです。


脳.jpg


話は、戻って・・・
ペアトレ「Growing upコース」では、マルトリートメントのチェックリストを紹介しています。(写真の本から、引用しています)

□大声で怒鳴ってしまう
□子どもの意見を聞かずに、なんでも親が決めてしまう
□子どもの前で、夫婦げんかをする
□子どもが言ってもわからない時に、手加減をして叩く
など

これは、親を評価するものではありません。
絶対してはダメなリストではありません。もちろん良いことではありませんが…


子どもの気質、発達年齢、状況により、親の言動や行動の影響が違います。
怒られても、あまり気にしない子もいれば、ずっと心に残っている子、傷つく子もいます。
どれが傷つくことか、子どもそれぞれです。

子どもが感じる広〜い意味での虐待「マルトリートメント」が、例えば、こんなことで起こるかもしれません。何度も繰り返していると、本当に子どもの心を傷付けますよ。
「あっ、これ以上は、子どもの心を傷付けちゃうかな」とブレーキがかけられるように、ちょっと知っておいてほしいというリストです。


ペアトレを受けるくらい真面目なママ達は、リストを見ると自己評価をしてしまい、落ち込むけど・・・

怒りすぎたと感じたら「さっきは、怒りすぎてごめんね」と子どもに言えばいいし、最近は叱ってばかりだなと思えば、休みの日に一緒に遊ぶとか、話を聞くとか、子どもの気持ちを無視せず、大切に思って育ててほしいだけです。


子育ては、心(こころ)育て


親自身も子どもも、心を大切にね(^_-)-☆




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

るんるんLINEチャット「ペアサポチャイルドの会(0〜6歳向き)」 こちら

るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら



posted by 佐藤 at 02:28 | TrackBack(0) | つぶやき
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック