CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年11月29日

特性のある子を育てた経験を活かして…


里親になり10年
交流会や研修会、母の会などで、他の里親さん達のお話を伺ってきました。
みなさん、愛情あふれていて、素敵な時間です。

(ここ数年は、コロナで集まることができず、残念です)



そのなかで感じたことは、
発達障害のあるお子さんを育てた経験のある方(育てる中で、適切な関わり方がわかってきた方)は、里親向き

なぜなら、「子どもの気持ちに寄り添える」から


もちろん、里親になってから、特性のある子に育てられた里親さんも多くいます。


一般の大人の思う「枠」にはめようとしても、特性のある子たちは無理です。
その子育ての中で、子どもをよく観察し、子どもの気持ちをわかろうとしてきた経験が、里親には必要なんです。


里親と言っても、
短期養育里親(〜2か月以内の養育)
養育里親(〜18歳までの養育)
養子縁組里親

赤ちゃんの時から、養育することもありますが、幼児期、学童期から、数か月、数年養育するということも多いのです。
家族同様に暮らします。
ちゃんと、道(北海道)から、養育料が支払われます。
今は、共働きでも、里親になれます。


親が病気等で、育てられない。
虐待、ネグレクトがあり、親の元での養育は無理と判断された子。
色々なケースがあります。

maigo_girl.png


子どもは物ではないので、「心」があります。

環境が変わる、養育者が変わることで、とても不安です。
なかには、
「愛着の問題」を抱えている子もいます。
「発達障害」の特性のある子もいます。


その子の、精神的状況、経験、性格、好きなこと、得意なこと、苦手なこと、色々なことを頭に置きながら、その子に合った、関わり方、育て方が必要です。


特性のある子の子育てが一段落ついた方
子育て中だけど、それなりにやれている方
里親に関心がある方


今なら、オンライン(ZOOM)で、登録研修ができます。
毎回、児童相談所まで、行かなくてもいいし、時間の都合も聞いてくれるようです。

里親になって、里親同士交流すると、価値観、人生観が変わります。
素敵な先輩里親さんが何人もいます。


我が家で短期で預かった赤ちゃんや幼児たちとの思い出は、私たち家族の宝物です。


里親登録後の未委託里親等の研修も、今はZOOM
この研修のペアトレも、ペアサポが担当させていただいています。


里親に関心がある方は、児童相談所の里親担当者まで



ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

るんるん問合せ・申込み先  peasapo403@gmail.com

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

るんるんLINEチャット「ペアサポチャイルドの会(0〜6歳向き)」 こちら



posted by 佐藤 at 01:11 | TrackBack(0) | つぶやき
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック