CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月19日

〜身近な相手こそ、大切な相互理解〜

旭川で「子育て」や「発達障害」の学びの場を
提供しているNPO法人ペアレントサポートです

総合案内  こちら
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近思うことがある

相互理解は、だれにでも必要で、意識すると楽になる


発達障害児者と定型発達児者

親と子

妻と夫


貴方は、そういうタイプだから
私は、こういうタイプだからさ

違うよね〜

「そこそこ! 貴方らしいわ」

違いを分析すると面白くなる。


例えば、
夫は、自閉症タイプ。
私は、ADHDタイプ。
発達障害というわけではなく、どちらかというと…ってこと
たいてい、お互いのイライラの原因は、
真面目で几帳面で、予定通り、完璧が好きな夫
に対して
興味のないことは、すぐ忘れる。思い付きで行動する私
の違いで起こる。

「適当」が、大嫌いな夫
「テキト〜」が大好きな私



男性脳と女性脳の違い
これも大きいな・・・

察するタイプ女性脳
言わなきゃわかんない男性脳

心と裏腹のことが言える女性脳
思ったままを口にする男性脳

共感してほしい女性脳
問題を探して指摘したい男性脳

男女脳本.jpg


そして5つの性格の割合

自分にも相手にも厳しい私
自分にも相手にも甘い私
沈着冷静で、計算高い私
子どもみたいにはしゃぐ私
周囲の目を気にしてしまう臆病な私

この5つがブレンドされて「私の性格」が出来上がり
どの私が大きいかによって、性格が異なるそうな・・・



以前に読んだ本に、こう書いてありました。

「人間は勘違いをしている。自分だけは正しいと、勘違いをして生きている。」

みんな ちがって みんないい

多様性を認める時代

まずは、周りの家族から、違いを認めよう

違いは、「間違い」じゃない

ちょっと、ちがうだけ


大事なのは、片方だけが理解するのではなく、お互いに「ちがう」を理解すること、認めること

これが、一番難しかった


お互いに「ちがう」が前提だと、話が深まり、面白い




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため「旭川情報」をクリックお願いします。

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村


posted by 佐藤 at 03:53 | TrackBack(0) | つぶやき
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック