CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月17日

〜発達障害:子育ての仕方(1)イメージ〜


定型発達の子のように育てようとすると、逆効果になる子たち。
大なり小なり二次障害が起こります。

(「ASD」「ADHD」「LD」別の子育ての仕方は、これの後に)


F2AD7353-FC89-4C03-B19C-F965B0B043F2.jpg


定型発達と言われる子の場合は、左の△の図に示したように、0歳〜3歳までは愛着形成(自己肯定感)を育み、これを土台として、3歳からしつけ、6歳から勉強。
このように、子どもの成長に合わせた子育ての仕方、順番を教えられることが多いと思います。

ところが、発達障害の子は、なかなかその通りには行きません。
そこで、ペアサポが考えたのは、右の図です。

常に「安心、安全」の環境を土台として、同時に3つを伸ばしていくイメージです。

「社会性」とは、生きていくために必要な人とのかかわり方。
困ったときに助けてといえる、こうしたいと言える、伝えられるスキルやコミュニケーション力を親が手本となって、教えていきます。

「知識・経験」は、生活、勉学、仕事をしていくために、必要な知識を学んだり、様々な経験をし、認知、思考の幅を広げていきます。

そして、一番大事な「自己感情」。自己肯定感と感情コントロール力を育みます。
認知の障害である自閉症では、感情という目に見えない曖昧なもの、自分の感情も上手く認知整理処理するのが難しいです。
ですから、物事と感情との関係性を教える必要があります。

これらを親が意識することで、二次障害を防ぎ、その子らしく成長していくことができます。


図のイメージを、頭に残しておいてください。
明日は、土台の「安心・安全」のお話です。


以前から書いている、学びの記事で「特性のある子の子育て」があります。
記事一覧より、いろいろ読めますので、お時間のある方は、どうぞ!
https://blog.canpan.info/pearento-sp403/archive/144



ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため最後に「旭川情報」にクリックお願いします。

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

るんるんLINEチャット「ペアサポチャイルドの会(0〜6歳向き)」 こちら

るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
posted by 佐藤 at 05:01 | TrackBack(0) | 連載
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック