CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月16日

〜次は「発達障害:子育ての仕方」を〜


このまま大きくなるの?と不安でいっぱいの方が、多いのではないでしょうか?


以前、自閉症協会の先輩ママさんに言われました。
「大丈夫、ゆっくり、少しずつ成長します。先輩方の話を聞くといいですよ。」
そうして、参加した茶話会で
先輩の皆さん、次々と子どもの幼いころのエピソードを話してくれました。
出てくる出てくる・・・
目を丸くして、聞いた覚えがあります。
そして、今は、こんな風に成長しましたと話が終わるのです。

内容は、ここでは書きませんが・・・

参加したママ友たちと、
「まだ、うちの子のほうが…」と比較して安堵したというか、私だけではないんだ。仲間がいっぱいいると知って、とても安心しました。

そして明るい!
山超え、谷超え、乗り越えてきた先輩方の強さ、懐の深さに、驚きました。


発達障害のある子の子育て、分からないからこそ、色々知りたいと思いました。
今は、ずいぶん「発達障害児の子育て本」は、増えましたが、以前は、文字ばかりで専門家、指導者が書いた本が多かったのです。


先輩方に聞くと、「それ、自閉症に多いのよ」「特性らしいね」
「うちでは〜対処A」「〜対処B」「〜対処C」
もちろんとても参考になりますが、
もっと理論的な説明があればと思っていました。


専門家の講義は、いくつか聞きましたが
「わかるけど、では家庭ではどうしたらいいの?」と思いました。
「幼稚園や学校での子どもと、親の前での子どもとは、違うものです。家庭は養育。保育・支援とは違うから、家庭のを教えてほしい。」
だいたい講義する先生が、男性で、発達障害のお子さんを育てていないし、母親の本当の困り感を知らない。と感じました。
「今」の困り感もそうだけど、「この子の一生」を考えて、今すべき土台作りについても、大事な問題です。


kaigi_shinken_women.png


親のための、子育ての仕方、
分かりやすく説明できないか・・・
スタッフ達と試行錯誤し、児童精神科医、小児発達専門医に意見をもらい完成した講座「発達障害入門編」
後半の子育ての仕方のところを、これから少しずつ連載していきます。



以前から書いている、学びの記事で「特性のある子の子育て」があります。
記事一覧より、いろいろ読めますので、お時間のある方は、どうぞ!
https://blog.canpan.info/pearento-sp403/archive/144




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため最後に「旭川情報」にクリックお願いします。

るんるん総合案内 こちら


るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)



るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 03:44 | TrackBack(0) | 連載
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック