CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月30日

〜本「3〜6歳の子育てハッピーアドバイス」〜

子育てハッピーアドバイスシリーズの3〜6歳の本
マンガと文章で、わかりやすく、「あるある!わかる〜!」満載

子育てカウンセラー診療内科医 明橋大二先生著者
(イラスト 太田知子)

34224215-4ACC-4808-A684-6B643769DFC2.jpg


プロローグより

しつけやルールの根本にあるのは、「相手のことを大切に思う心です」
しかし、「自分は大切にされている」と思えない子が、どうして人のことだけ大切にすることができるでしょう。



もくじより

・子どもの心が成長してしていくうえで、3〜6歳はどういう時期にあるのでしょう

・「ありがとう」って言われるとうれしい。
 ほめ言葉が心の土台をすくすく育てる

・うれしい気持ち、つらい気持ち…
共感することで、「自分は大切にされている」と感じる

・子どもの話を真剣に聞くだけで、「あなたは大切な存在なんだよ」と伝えることになります

・愛情を伝えるためには、子どもの側からの「甘え」が必要です

・子ども時代の甘えを、もっと大切にしましょう。
 甘えは人への信頼と思いやりを育む

・ルールを教えるときは、叱るより、ほめるほうがいい理由

・よい行動は、親が身をもって示す。
 してほしくないことは、親もしない

・子どものやる気を引き出す言葉かけ

・子どもを注意するときに大切な6つのこと

・子どもは、言っても言っても同じ失敗をするものです

・それは本当に叱るべきこと?
 子どもの成長を待ち、焦らずに伝えていきましょう

・比較的叱っていいタイプの子、叱るのに注意が必要な子

・きょうだいの子育て
 〜個性に応じた関わり方

・ひとりっ子は、何か問題があるのでしょうか

・育児の困った
 赤ちゃん返りがたいへんです
 反抗的で生意気な口をきくように
 登園時に離れるのがたいへん
 片付けができない
 きょうだいげんかがたえない
 乱暴な振る舞いをする
 友達からいじわるされている
 注意をしても、認めようとしない
 子どもの相手をしていると、カッとなってキレてしまう
 鳴き声を聞くと、イライラする



おわりに
この本で一番お伝えしたかったこと 

*子どもの自己肯定感を育むことが大切です

*すぐに結果が出なくていいのです

*親だけですべて教えようと思う必要はありません

*親も自分をほめていいのです



この本を読んでいるのと、いないのとでは、子育ての負担が違います。
この時期のお子さんを育てているママ、パパに読んでほしい1冊です。


目次に戻る



ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため最後に「旭川情報」にクリックお願いします。

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)

るんるんLINEチャット「ペアサポチャイルドの会(0〜6歳向き)」 こちら

るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村



posted by 佐藤 at 01:32 | TrackBack(0) | 連載
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック