CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月16日

〜行き渋り不登校A義務と権利〜


A 義務と権利の話

学校教育
義務教育の義務とは・・・


私たちが、子どもの頃は、学校は「行かないといけないところ。行くべき場所。」
行けないことは、悪いこととして、教えられました。

私も、娘の行き渋り、不登校の時、最初はそう思っていたし、夫からは「甘やかせるな」と怒られていました。(今は、夫の方が甘いです)


不登校の専門家の方から
「子どもは、教育を受ける権利があるけれど、毎日学校へ行かないといけない義務はありません」
「学校は、子供たちに勉強を教える義務があります。」と教えられました。



scool_room_kyoushitsu.png


もちろん、「学校行かなくていいですよ」なんて、勧めている訳ではありません。

現在は、多様性のある学びの場が多くなり、コロナでオンラインでの学びができます。
社会性を学ぶことも大事ですが、毎日学校へ行けなくても、大人になる前には学べます。
焦らなくて、いいのです。


大事なのは、子どもの心(脳)の安心、安全という土台作り中であり、しっかり安定した土台を、自分の力で作っていけるように、乗り越えていけるように、サポートしてあげることです。
家庭が、安心できる場所で、親が寄り添ってくれる(敵にならない、感情的にならない)ことが大切です。 

『急がば回れ』
この子の、人生はこれから長いのです。


「学校へ行かなくていいよ」と言っていると、将来、就職したときに困るのではとの声もありますが、「義務」と「権利」を教えておけば問題ないと思います。
バイト、就職、雇用契約があれば「仕事に行く、仕事をすることは義務です」
学校は、休まず通う義務はないですが、学ぶ権利があります。
その権利を、今日はどう使う、使わないかは、子どもの側の「選択」です。
欧米では、小さいころから「権利>義務」を教えます。
こどもの自由にというのではなく、一緒に考えながら、教えていくのです。


「学校へ行きたくなるまで待つ」という方もいますが、きっかけ作りも大切です。
その子によって、理由が違ったりしますが、疲れが取れたら、無理強いしない程度に少しづつ、学校行ったら「友達に会えた」「音楽に出られた」ちょっとした嬉しい成功体験を。
高学年になると、友達との関係性に悩むことも多く、複雑化することも多いです。
担任、学年主任、コーディネーター、養護教員らの協力も求めることも、必要な場合もあります。
親と担任だけでは、うまくいかないこともありますので・・・


目次に戻る




ペアサポを知ってほしくてランキングに参加しています。
ぜひ応援のため最後に「旭川情報」にクリックお願いします。

るんるん総合案内 こちら

るんるん最新記事 こちら

るんるんスタッフ通信一覧 こちら

るんるん子育てを学べる記事一覧 こちら

るんるん公式LINE こちら
(学習会のご案内や個別相談もできます。お気軽に!)


るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」 こちら

るんるんランキングに参加。
ぜひ応援のため「クリック」してください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 03:40 | TrackBack(0) | 連載
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック