CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月19日

〜子の自立は保護者次第「甘え」と「甘やかし」の違いとは?〜


子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★

参考資料より

子の自立は保護者次第「甘え」と「甘やかし」の違いとは?           幻冬舎

「親への依存」が子どもの自律に繋がる!?

★正しく甘えさせることが重要
「甘えさせる」と、自尊感情が育ちます。以前は、親に「甘える」「依存する」と、子どもの自立が遅れると言われていました。
「抱き癖が付くから抱いてはいけない」「そんなに甘やかすと甘えん坊になる」など、今でも耳にすることが有りますが、実はその逆なのです。

今では、小さいときに親にたくさん甘え、充分に依存することが、子どもの自立に繋がると考えられています。しっかり愛情を注ぎ、充分に甘えさせてあげましょう。

kid_kigae_oyako_mother.png


子どもをしっかり甘えさせることの重要性がわかっても、こんな時どうしたらいいという質問をご紹介。

★着替えもご飯も全部やってと言ってくる息子、どうしたらいい?

「質問」
4歳の男の子ですが、最近下の子が生まれてから、今まで出来た着替えも自分でやろうとせず「ママ、やって!やって!」といってきます。ご飯まで「食べさせて!」と甘えてきたりします。仕方なくしてやるのですが、これは「甘やかし」になるのでしょうか?

「回答」
確かに4歳にもなると、自分で出来るのにやらないのは「甘え」だと思い、厳しくしたい気持ちも出てきますね。しかし、子どもの甘えを受け止めることは、子どもの自尊感情を育て、周囲に対する信頼感を育てるうえで、とても大切なことです。
「甘えさせる」とは、子ども心の要求に応えることです。ですから、これはいくらやっても「甘やかし」にはなりません。
この男の子の行動を、いわゆる「赤ちゃん返り」と言います。自立から依存(甘え)に戻ってきた状態です。下の子が生まれて親は下の子にかかりっきりになっている。下の子の方がかわいくて、自分は嫌われたのではないかと不安に感じているのです。その不安を打ち消そうと、甘えてきているのです。

注意していただきたいのは、ここで突き放してしまうこと、子どもはもっと不安になり、もっと依存(甘え)してきます。あるいは、自分は見捨てられたのだと思って、一切甘えを出してこなくなります。逆に、甘えをちゃんと受け止めてもらうと安心し、また自分でやろうという意欲がでてくるのです。

下の子の世話もして、その上に上の子まで。「そのくらいお兄ちゃんなんだから出来るでしょう!」と怒ってしまうこともあると思います。ただどこかで、上の子も不安になっているんだなと理解をして、少し余裕があるときは、そういう赤ちゃん返りにつきあっていただければと思います。



★もうすぐ小学生なのに・・・甘えん坊の息子を自立させたい

「質問」
5歳の男の子ですが、今だに甘えが強く、友だちと遊んでいても嫌なことがあると、すぐ「ママ〜!」と、べたべた甘えてきます。もうすぐ小学生ですから、もう少し自立して欲しいのですが、どうしたらいいでしょう。

「回答」
もうすぐ小学生だと思うと、心配になるお母さんの不安もわかります。しかし、自立と依存(甘え)の行ったりきたりのペースは、子どもによって違うのです。子どもの心は、甘えと自立を繰り返して大きくなっていきます。
たくさん甘えて安心感を得ると、自由にじぶんでやりたいと思って、それが意欲となり、自立の世界へ向かいます。




ところが、自立の世界は自由であると同時に、不安な世界です。その不安があまり大きくなると、こどもは甘えの世界に戻ってきます。ですから、たくさん甘えた子が自立するのです。小さい時に充分に甘えられない状態であった場合や、感受性が強く、周囲に対して不安を抱きやすいお子さんの場合は、甘えの期間が長くなってしまうことが考えられます。甘えの必要な量は子どもによって違うのです。

たくさん甘えさせているのに、どうしてうちの子は甘えてくるのだろう、と思ってしまうかもしれませんが、甘えに付き合って、しっかり受け止めていくと、成長するにつれて、必ず親から離れるようになってきます。

子どもが甘えを求めてくる限りは、それは、その子にとって必要なものだと考えて、受け止めていくことが大切なことなのです。





るんるん総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら


るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」は こちら

るんるん公式LINEはこちら
(相談、質問、つながる、お気軽に!)



ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 08:48 | TrackBack(0) | つぶやき
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック