CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月14日

Growing upコース〜11月コース終了〜

旭川で発達障害のある子もない子も
子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★    ★   ★   ★   ★

みんなで作る学びの場 〜Growing upコース〜
先日、「11月コース」が無事終了致しました。
新型コロナ感染が拡大している為、Zoom参加との併用で開催致しました。
今後、定期的にフォローアップをしていきます。

e-learning_smartphone_woman.png


ぺアレントトレーニングは、ペアトレチームが担当します。
CSPなどの認定資格のいらない「Growing upコース」をチームと作り、開催しています。
0歳から中学生までの子育てに関することを
ママが、ママに教える。ママ同士だから、共感出来るし、色々な話しが聞けます。
(当法人のペアトレは、児童相談所にて里親相互援助事業としても開催)

★受講者の感想
----------------
★Rさん
今回受講してみて、たくさん気づく事ができました。
私が子どもの時に、親から欲しかった言葉を積極的に息子達に使っていきたいと思います。
【すごいね、どうやったの?さすが️】
こちらに参加する事で 子どもの事だけで無く、お母さん自身がすごく救われると思います。
親ですら分からない事がたくさんあり、【なんで?】の連続だと思います。
色々な年齢のお子さんを持つお母さん方の話は、これから我が子にもこんな事が起こるのね。
そんな対応の仕方があるんだなど、自分の中の解決法が増えて、
【この間聞いたパターンだな?こんな風にやってみよう】と出来たりします。
悩んでいるなら参加してほしいなと思います。
子供を変えるのでは無く、自分を変えるが最初の一歩になると思いました。
みんなが幸せになれるといいな。ありがとうございましたにこにこ 
(ペアサポ:こちらそ、ありがとうございました黄ハート
------------------
★Sさん
息子の感情コントロールが悩みで、私の接し方が悪かったのか?どうしたらいいのか?
解決策が見出だせない、というより色々やってるけど結果が見えてこない。
一年前よりは少しは成長してる感じではあるけど、周りの同年代の子と比べて焦っていました。
周りと比べてはいけない、比べるなら以前のその子と比べる。
それは知ってはいたけど、どうしても比べてしまう自分台風
ハッピーアドバイスなどの本を読んで何となく知識はあってもやっぱり不安わからんあせあせわからんあせあせ(飛び散る汗)
ペアレントトレーニングを知り、講師の方や他のお母さんの話しを聞きたく受講してみようと。
まさに、今日の女性脳の説明にあった、問題解決なくとも話して楽になる、の典型的な例です。てれてれ
話して気が軽くなるけど、園での良くない行いの様子を聞いてまた気が重い‥
の繰り返しだったりしますが、焦らずに繰り返し伝えていくしかないのかなと思いました。
息子の伸びる力を信じて‥‥
感情をコントロール出来なくて困っているのは私より息子だと思うから。
いい方向へサポートしてあげたいなと思います。
(ペアサポ:大丈夫!ママの気持ちは息子さんに届いていますよ。)
----------------------------
★Iさん
5回の講義ありがとうございました!
とても勉強になることばかりでしたし、日頃、子育てについての深い話って
なかなか他の人とすることがないので自分の話を聞いていただけたのもとても救われました。
毎日悩みが尽きない育児でしたが、子供と過ごせる日々に幸せを感じながら
次また2月まで頑張りたいと思います!
(ペアサポ:また沢山お話しましょうね。)
----------------------------
★Yさん
子育てに行き詰まり藁をもすがる思いで受講しました。
よく考えれば当たり前の事も、教えて頂いて初めて気づいたり、自分が新入社員だったらどちらの上司がいいかの例えだったり、子供の発達についてや関わり方をとてもわかり易く教えて頂きました。
皆さんのお話もわかるわかる!と共感しながら聞いていました。
教わった事を少しづつ取り入れながら自分でも工夫をして子供と関わりはじめ、子供が癇癪を起こす回数も減って来たような気がします。
是非夫にも受講させたく(特に男脳女脳の話)父親向け、両親同時に受講できる機会があればいいなと思いました。
(ペアサポ:父親向け、両親同時に・・・来年はやりたいで〜す!)

皆さん、お疲れ様でした!

ペアサポスタッフ 黒ハートmiyu黒ハート
posted by 佐藤 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック