CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月13日

■□ボラスタになって□■ 〜B



----------------------------------------
令和2年より
ペアレントサポート(以下 ペアサポ)は
ボランティアスタッフ(以下 ボラスタ)
17名が集まり活動をしています。
---------------------------------------
group_women.png


何度も聞いたその言葉
「みんなと同じに出来てない」
「甘やかしている」
「手を掛けすぎて駄目にしている」
私の親世代は普通に言います。

これは大変だと、厳しくしつこく躾てきましたが、
だんだん頑張っても、やれないんだと感じました。顔3(かなしいカオ)
教える母親も悩みますが、本人もなぜ出来ないのか、悩んで苦しんでいます。
親も夫も言わなくなりました。
だって生まれつき目の不自由な子に、目が見えるまで練習して!
とか足の不自由な子にみんなと同じに走って!と言わないもの😀
点字や義足など、困らないように生活出来る工夫を探りませんか。

発達障がいは不自由さが分かりづらいため、大きな誤解を招きます。
私はペアレントサポートで子供が楽しく生きれるような工夫を探っています。
私が今思っていることです。

「私のような子育てにならないでexclamation

ペアサポスタッフぴかぴか(新しい) 16
posted by 佐藤 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ通信
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック