CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月22日

〜ペアレントサポートのこと〜

旭川で発達障害のある子もない子も
子育てを楽しくするための勉強会を
開催しているNPO法人ペアレントサポートです
★   ★   ★   ★   ★


ペアレントサポートのことを、知って下さる方も増えて来たので、
どんな団体か、何をしているのか、何がしたいのか載せてみます。


元々は、発達障害児とママのためのサークル「タンポポ」を作り、発達障害の勉強や茶話会を開催していました。

発達障害児も、子どもです。
特性があろうと、無かろうと、基本の子育ては学ぶ必要があると感じました。
そして、子育てを学ぶと、普通の子の親も子育てに悩んでいることがわかりました。
母親だけでなく、父親、支援者にも学んで欲しい。


講師を呼ぶにも信頼度があるNPO法人化を勧められ、タンポポの仲間や友人達にも協力してもらい、NPO法人ペアレントサポートを設立(平成29年1月登記)

現在は、当法人のペアレントトレーニングを受けた17名が、ボランティアスタッフとなり、様々な事を手伝ってくれています。
皆さんから頂く講演会の感想や希望、その他のご意見なども、スタッフ全員で共有しています。


「発達障害」「子育て」講師を招いた講演会などは、担当チームが動きます。

ペアレントトレーニングは、ペアトレチームが担当しています。
CSPなどの認定資格のいらない「Growing upコース」をチームと作り、開催しています。
0歳から中学生までの子育てに関することを
ママが、ママに教える。ママ同士だから、共感出来るし、色々な話しが聞けます。
(当法人のペアトレは、児童相談所にて里親相互援助事業としても開催)


今は、コロナの影響で、対面とZOOM併用や、ZOOMのみの開催に。
スタッフも、ZOOMで参加しています。


そして、公式LINEや、オープンチャット「フレンズの会」」も、スタッフが入り、私のサポートをしてくれています。


スタッフは、子育てや仕事の合間に、出来る時に、出来ることを
みんなで、助け合って、ペアレントサポートを支えてくれています。


「みんなで作る、みんなの学び場」を目指しています。


原点は「タンポポ」のとき
初めて参加されたとき、涙を浮かべて、子育ての悩みを話していた方々が、半年もすると、初めて来た方に寄り添って話しを聴いてあげています。
誰かのために、自分の経験が役立つ。子育ての失敗談、学んで良かったこと、悪かったこと。
いつの間にか、みんな笑顔に・・・
子育ての「山あり、谷あり」を乗り越える仲間たちです。

ランチ会で、入会間もない方が「ここに来て救われました」と涙を浮かべて・・・
そうしたら、「私、死のうと思っていたさ」とぽつりと言って笑った方がいて、
それから、みんな「私も」「私も・・・」
子育てもよくわからないのに、発達障害という特性を持つ子の子育て、誰も教えてくれない。
ただ「母親」と言うだけで、「ちゃんと育てるのが当たり前」「頑張って!」(我慢しなさい)と言われる。


辛いって、言い出せない母親が多い。
言えば「正論」が返ってくる。

だから、私のブログの記事で娘のことは、
良いことよりも、大変なことを多く書いています。
うちの子の方が、まだマシと思えると、少しホッとするでしょう?(笑)


大昔から、共同養育する人間の子育て。
子どもをみんなで育てるし、母親もみんなで支える。
それが、人間という動物の子育てだと学びました。


私ひとりが出来ることには、限りがあります。
繋がってくれたママたちが、他のママを応援する。
そんな風になってくれたら、いいな〜と思って活動しています。


最後まで、読んで頂き、ありがとうございました。

ojigi_woman.png




るんるん総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんLINEチャット「ペアサポフレンズの会」は こちら

るんるん公式LINEはこちら
(相談、質問、つながる、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村






posted by 佐藤 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック