CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月03日

〜学校教育が古いままでは、不登校が増える〜

「ちびまる子ちゃん」の学校でのシーンを見ると
日本の学校が40年前から変化していない。
そんな話をしたら、
「もっと前からです。
寺子屋の頃から、変っていません。」
と、言われました。


scool_room_kyoushitsu.png


アメリカの学校は、時代に合わせて変化している。
少人数クラス、黒板とチョークを使っていない、
自分の好きな椅子を選び、リラックスして授業を受ける。


アメリカでは、算数の問題も、答えが出せれば、
どのような計算方法を用いてもいい。
ところが、
日本は、教えている計算方法を使わないと、
答えが合っていても×にされる。


子どものやる気が問題とする考えは、間違っている。
子どもたちがやる気を持てないのは、
大人がやる気を持てる仕組みを提供出来ていないからで、
子どもは、本来、意欲的、好奇心旺盛なのである。



日本の新しい学習指導要領では、生きる力を重視し、
プログラミング教育、主催者教育などに取り組むことにしている。
但し、学習内容は、ゆとり教育の失敗から、
減らすことなく、増えるばかり。



不登校は、年々、増加している。
中学生の8人に1人が不登校傾向の可能性がある。


これだけの子どもが不登校傾向になると言う事は、
その子どもや親、家庭が問題なのではなく、
学校の在り方が、今の社会や子どもの発達に合っていないと言えるかもしれない。


子育ても、学校教育も、古いままでは、
日本は、どうなるのだろう。


新型コロナの影響で、
子育ての環境も、学校教育の環境も、
影響が大きい。


「命」を守り、
「心」を守り、育て、
それから、
「学び」・・・


子育ても、教育も、
何が一番大切なことなのかを、
しっかり考えるべきときだと思います。

A子育てを考える記事一覧にもどる こちら




るんるん活動総合案内 こちら

るんるん子育て記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック