CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年06月18日

〜子どものしつけは、20歳まで?〜

子どものしつけは、20歳まで?

いや、もっと先まで続くかな・・・



しつけは、
生きていくためのスキルや、ルールを教え身につけさせること


しつけには、
型(やり方など見えること)と心(道徳)がある


幼い時は、日常の身辺整理など「型」を教えることが中心
成長と共に、「心」を教え、自分で考え判断出来るように導く

家庭や学校での「型」と「心」
社会に出てからの「型」と「心」


手本は、親
「親の言う通りにはしない。親のした通りにする」


人に対する態度、物に対する態度、
仕事に対する態度、社会に対する態度、
家族に対する態度・・・


完璧な親は、いない
完璧な子どももいない
人間だから・・・

talk_oyako_mother_daughter.png

娘を育てていて感じる
今している「しつけ」は、
親から離れたとき、
生きていける力になる


焦らず、ゆっくり、しっかり、しつけをしよう・・・


人にたよっていいこと、
人と協力するといいこと、

転ばないことが大事じゃなくて、
転んだら、またおきあがれることを
ゆっくりと・・・


Cしつけの仕方記事一覧にもどる こちら




るんるん活動総合案内 こちら

るんるん「子育ての正論からリアルまで」学べる記事一覧へ こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ相談室へは こちら
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村








posted by 佐藤 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック