CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月10日

〜男性脳・女性脳、そして個人差〜

個人差


以前、「夫婦仲悪くもないけど、良くもない方へ」こちら
この中で、男性脳のことを書きました。


脳は、狩猟時代からの生存本能が、男性脳と女性脳の機能の違いを生み、
男性が怒りっぽい事や、変化を嫌うことや、女性との感じることの違いをお話しました。


今回は、個人差について・・・


私は、女性です。
女性は、甘い物が好きで別腹。女性同士集まるのが好き。キラキラしたものが好き。きれい、かわいい物が好き。など、よく言われますよね。
私、キライではないけど、特別好きでもありません。甘い物も少しなら。別腹はありません。中高校の時、女子達がグループでトイレに行くのも、私には違和感がありました。
人は好きです。友だちも、多い方ですが、どちらかというと一匹狼タイプでした(笑)。
ですから、「妻のトリセツ」に書いて有るような、女性はヒステリックになりやすいとかも、当てはまらないタイプです。無言になるタイプです。個人差ですね。


同じように、男性脳も、個人差があります。
最近、男性脳を考えるとき、
原始時代(狩猟時代)対応と弥生時代(農耕時代)タイプをイメージするようになりました。

これは、私のイメージです。
個人的な見解です。

原始時代は、生きるために狩猟する動物が相手です。
仕留めるか、逆に襲われることもあります。
時には、同じ獲物を、別の集団と取り合うかもしれません。
だから、言葉より直感力。闘うか、逃げるか、固まるかの危機回避が、本能。
そして、空間認知能力も高いです。自然の中で、自分の位置、仲間の位置、動物の位置、どう動くか、距離感は命に関わりますから。(車の運転上手、地図見るのも得意)
瞬間湯沸かし器おじさん(すぐカーッとする男性)は、このタイプ。


弥生時代は、農耕したり、物々交換したり、人が相手です。
相談、協力、そして交渉したり、計算したり、先を考えて行動しなければいけない。
春に稲を蒔き、秋に収穫です。
直感より、思考力が大切。
温厚なおじさんは、このタイプ。

なんて考えると、あの男性は、こっちタイプかな?
勝手な分析をしています。
うちの夫は、絶対、原始時代タイプ。
そう考えると、
夫の瞬間湯沸かし器も、そういうタイプと思うと、少し楽。
カーッとなっても、わりとすぐ冷静になるし・・・


もちろん、暴力を振るう、物を壊す、怒鳴り続けるなどは、DVです。
それとは、別の話ですので・・・
DVを受けている方は、専門の相談先に相談してくださいね。


kenka_fuufu.png


男性脳、女性脳、みんな個人差があるし、
相手の脳のタイプが解ると、夫婦げんかも減るかな?というお話でした。



るんるん活動総合案内 こちら
るんるん子育ての正論からリアルまでの記事一覧へ こちら
るんるん最新つぶやき記事 こちら
るんるんプロフィールはこちら
るんるんペアサポ相談室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)


ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村






posted by 佐藤 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人の愛着障害
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック