• もっと見る

2020年03月06日

〜子育てで、使える言葉、使いたい言葉〜

子どもを育てる時に、
ちょっと覚えていてほしいなと
思う言葉を・・・


「いっしょに、やってみようね」
幼い子や、まだ自信のない子には、
この「一緒に」が、安心します。



「ゆっくりでいいよ」も、
子どもは、時間がかかるものです。
ゆっくり、焦らず、何度でも挑戦して、
出来るようになるのです。



「大丈夫!」
この言葉、子どもでも、大人でも、
言われたら、ほっとする言葉です。

「大丈夫、ママとパパが付いているからね。
困った時は、いってね!」
児童期、思春期にも、伝えて欲しい言葉です。

kids_ryoushin_mimamoru.png



「人に向かって…」
よく親への暴言に対して、
「親に向かって言う言葉ではない!」と叱りませんか?
そう言われると、親の権威を振るわれている感じがして、
余計に反発してきます。
「人に向かって言う言葉ではない」と言えば、
教えになります。しつけになります。



「あなたは〜。私は〜。」
幼い時は、共感し、受け止める、
幼子は、母との一体感の中にあります。
自立しはじめたら、
子どもを尊重する言葉で、認める言葉で、
「あなた(子どもの名前)は〜」
「私(ママ)は〜」
少しずつ
お互い考えや思いが、違っても
いいんだということを
伝えていけるといいですね。



「どっちがいい?」
アレしなさい、コレしなさいと言うより、
「アレとコレ、どっちを先にする?」
洋服など、どれにするか悩んでいたら、
「明日はどれにする?じゃあ今日はどれにする?」
どちらにするか迷っていたら、
「今回は、どっちにする?迷ったのは次回の予約だね」
子ども自身に選ばせることは、
親から認めてもらっている、
そして自分で決められる。
子どもの自己肯定感を高めます。



「ありがとう」
子どもにとって、
親から言われて嬉しい
一番の褒め言葉だそうです。
親だって、子どもから言われたら
嬉しいですよね。


「C しつけの仕方」記事一覧 こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック