CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月26日

〜子育て極意、積み木は倒すことに意味がある〜

失敗を恐れて行動できない

失敗は悪いこと
失敗はしてはいけないこと

失敗したら、落ち込んで次に進められない
こういう人が多いですね。


幼い頃から、
「こうあるべき」を教えられ
積んだ物は、壊しちゃ行けない。
倒しちゃ行けない。
失敗したらいけないって・・・
教えられませんでしたか?



積み木は、
積み上げることが重要ではなく、
積んだ積み木が、倒れる。
倒れることに慣れる。
失敗になれる。
そして、また積めばいい。
失敗しても、何度でも挑戦していい。
そのことを繰り返し学ぶものなのです。


赤ちゃんからの、成長をみると、
まずは、積み木を口に入れ、物の確認
つかんで投げて、
積み木をぶつけあわせて、音を楽しみ、
並べて、重ねて、倒して、投げて、
誰かが積み上げた積み木を倒して、
倒れる様子、倒れる音を繰り返し感じて、
そのうち、真似て自分で積んでみる。
上手く積めないけど、何度も何度も・・・

そうやって、積み木から学んで行く。


そのときに、大人は、
「ダメでしょ!壊しちゃ、倒しちゃ!」って
言わないこと。


倒しちゃったら、また積めばいいこと。
他の子が積んだ積み木を倒したら、
謝ること。
他の子に、倒されても、最後は許すこと。
もちろん、ギャーと怒る気持ちを
大人が受け止め、サポートする必要はあります。


toy_tsumiki_kids_kyouryoku.png



失敗しても、大丈夫!
また、積めばいい・・・


徐々に、誰かと協力して積む。
一緒に、喜び、一緒にがっかり・・・


積み木って、
子どもの心を育むシンプルだけど
すごいグッズですね。


〜上手く積めなくて、すぐ倒れる積み木。
私「あら、倒れちゃった!残念!せっかく出来たのに!」
と娘に言っていました。反省です。
娘の幼少期に知っていれば良かった〜。
娘は、失敗を恐れます。
学校や支援の先生から言われてきたこと。
「常に不安ですよね。オドオドしていますね。」

そうなったのは、私や夫の
「こうあるべき」のたまもの。
今では、
夫と2人で、
「大丈夫、失敗したって、上手く出来なくても、
また、やればいいんだよ!」
娘のオドオド感は、減りました。〜



「A 子育てを考える」記事一覧に戻る こちら



子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
F大人の愛着障害

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら
るんるん参加者の声はこちら
るんるんfacebookページはこちら
るんるんお問い合わせはこちら

ランキングに参加しています。ぜひ応援のため一日一回クリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村
posted by 佐藤 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てを考える
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック