CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月26日

〜テキトーな娘と、テキトーな母〜

「テキト〜」
娘の口ぐせであり
元々私の口ぐせ


しっかり、キッチリできない自分の
ふがいなさの言い訳に、
そして、自分へのプレッシャー回避のために・・・
私「適当でいいや、適当で大丈夫!」って
口ぐせのように、いつも言っていました。


最近、娘が真似しすぎるので、
「ママはね、
適当もするけど、
ちゃんとするときもあるからね!」
と教えています(笑)

学校の国語、算数のプリントまで、
「テキトー」は、いかんでしょう(笑)



間もなく高校受験・・・
娘の場合は、高等部入学者選考検査

そろそろ、気になって仕方ない状態に。
「緊張して、答えられないかも・・・」
「どうしよう・・・」と言い続ける娘。

私と夫が、
「みんな優しいから、大丈夫。
わからないときは、わかりません。
忘れたときは、忘れました。って、
言えばいいよ。
いつものあなたでいいよ。」
と言ったら、

娘が、
「そっか、いつものテキトーでいいんだ!」
「そうだ、そうだ、適当にしよう。」


自身の緊張をほぐすために言うのは、いいけど、
試験官の前では、言わないでね。



posted by 佐藤 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック