CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月08日

〜しつけとは、教えることです。叱ることではありません〜

幼児期のしつけは、
自立心を育てることと
基本的生活習慣を身につけさせることです。


しつけというと、叱って、させるという
ネガティブな嫌なイメージの方もいますが、
それは、間違いです。
それでは、「おしつけ」です。



しつけとは、
見せて、教えて、させてみて、褒めて、
繰り返して、繰り返して、
親が手本になって、
少しずつ意欲を持たせ、
自立に向かわせることです。


基本的な生活習慣
睡眠、食事、着衣、清潔、排泄、挨拶・・・
これらの習慣は、特にお母さんの姿が
お手本です。


talk_oyako_mother_daughter.png


気をつけて頂きたいのは、
親をよく見て、摸倣の時期です。

親の感情や態度。
親の人に対する態度。
親の物に対する態度。
美や道徳に対する態度。
労働に対する態度。
親のあらゆる面での態度を
子どもは真似て自分のものにしていくのです。
(コワイですね〜)


幼児期は、基本的生活習慣を身につける時期ですが、
上手く出来ないのが当たり前の時期です。
まだまだ理性で動くことは出来ず、
感情で動く時期です。
「ダメ!」ではなく、
「こうしてほしいな」
「どっちがいいかな、えらんでくれる?」


3歳は、しつけの始まりです。
なぜなら、3歳頃から、
記憶の保持が出来るようになってくるからです。
それでも、繰り返しが必要です。

ですから、
3歳で、しつけをしてしまうというのは、
間違いです。無理です。


しつけとは、教えることです。
叱ることでは、ありません。


・大人が忘れた子どもの世界 こちら


「B 子どもの育ち方」記事一覧 こちら



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村








posted by 佐藤 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの育ち方
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック