CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月20日

〜体の不調を感じてSOSを〜

「体の不調を感じて、SOSを出せたのは、
スゴいことですね」
娘が利用しているデイサービスの先生から言われました。


先日、朝から利用のデイサービス。
その日の朝、少し情緒不安定で、
「生理前症状かも?」と先生には伝えておきました。

午前中の活動も、昼食も、いつもと変らずに。
ただ、午前中他の子から、手を引っかかれ、
その子に近づかないようにしていたそうですが、
昼から、娘が「何か熱っぽい」と言いだし、
熱を測るも平熱。
帰りたいとは言わないけれど、
「ママに電話して欲しい!」というので、
と、先生から電話をもらいました。

先生は、「食欲も有り、疲れや気持ちの問題かと、
夕方の送りの時間まで、大丈夫だと思いますが」と。

でも、娘が「ママに電話して」は、
助けを求めていると感じて、
すぐに早退させました。


帰宅後、食欲も有り、意外と大丈夫と思いきや、
夜中38度8分。のどの痛みと鼻水も強くなり、
風邪でした。


翌日、デイの先生に連絡すると、
「早退して、よかったですね。
自分の体の変化に気づくこと、
人に伝える、SOSを出せることは、
この子達(発達障害)は、苦手なので、
できた(娘)ちゃんは、スゴイです」と。


以前、デイの先生との話の中で、
娘は言葉で話せるけど、話せない子も多く、
子ども1人1人のちょっとした変化を、
見逃さないように気を付けてはいますが、
難しいです。
と、話されていました。


娘が「ママに電話して」と言えたのは、
先生は、自分の言う事、気持ちをを受け止めてくれる人と
わかっているから、言い出せたのだと思います。
娘は、そういう子なので。

熱は、少しずつ下がってきました。




posted by 佐藤 at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック