CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月18日

12月サロンの予定

12月のサロン

12月6日(金)10:00〜12:00
旭川市障害者福祉センターおぴった
申込み 090−9083−2817
ゲストを招いて、ざっくばらんに話しをする
茶話会形式です。


ゲストは、
障害児も地域の普通学級へ・道北ネット
事務局 平田江津子さん


重度の知的障害、自閉症を持つ息子さん(K君)は、
地域の中学校の普通学級に通っています。
障害があるなしで、教育の場を分けるのではなく、
地域の子ども達と一緒の場で学ぶことの大切さを
伝えています。(インクルーシブ教育)


地域の幼稚園のお友達と一緒に、
地域の小学校へ。
そして、中学校へ。


お友達にとって、クラスメートにとって、
「自閉症のK君」ではなく、
クラスメートの「K君」。
K君は、みんなと違う特性を持っているだけ。
例えば、A君は足が速い。B君は落ち着きがない。
そんな感じで、K君に接しているそうです。
K君も、みんなと同じ場所、同じようなことを望むそうです。
(授業中は、その教科にちなんだK君ができる課題を与えられるそうです)


障害児者を分けるから、理解が進まない。

小さい頃から、一緒に過ごすことで、
色々な人がいること、
色々な感じ方や、関わり方があることを、
子ども達は、自然に感じることが出来る。


常にポジティブな平田さんです。
今すぐ障害児全員を普通学級へと推し進めているわけではありません。
日本の教育環境では、不可能です。
選択肢を広げる、
目指すことで、少しずつ教育現場も変る。

地域で育ち、
地域で教育を受け、
地域で暮らす。
そんな、当たり前を当たり前にできる社会になって欲しいと
活動されています。




posted by 佐藤 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動予定
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック