CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月22日

〜笑顔で楽しい時間を〜

日曜日、旭川で初めて開催された、
里親リクルートフォーラムに行ってきました。
その中で、3人の若手里母の話しもあり、
3人とも知り合いなので、応援がてら聞きに行きました。

Aさんの話しを、少し紹介します。
現在11歳(女の子)と5歳(男の子)を育てています。
乳幼児の頃から、養育されています。
二人とも、実母が親権を手放していないため、
いつか実母の元へ帰ることになります。
長ければ、18歳までの養育。
下の男の子は、もしかしたら、就学を機に、
顔も見たことのない実母の元へ帰るかもしれません。

Aさんは、
この子たち、将来辛いこともあると思う。たくさんあると思う。
でも、子供の頃、里親にだけど、大切に育てられた。
子供の頃、楽しかった。という思いをもっていてもらいたい。
子供の頃の、楽しかった、大切にされた思い出は、
様々なことを乗り越えていく力になると思っています。
ですから、毎日、笑顔で、楽しい時間を過ごすようにしています。
大切に育てています。

素敵な里母さんです。
仕事もしながら、
マイペースな女の子と、我の強い男の子に、愛情をいっぱい注ぐAさん。
年下だけど、尊敬している里親さんの1人です。
彼女も、いっぱい子育てに悩み、そして、たどりついた答えなのでしょう。
目の前にいる子どもを、大切に育てるということ。
笑顔で、楽しい時間をすごすことで、心の土台をしっかり作ってあげること。

子どもの頃、親(養育者)に、
幼い自分を認めてもらえて、大切に育ててもらった、
その安心感は、自尊心となり、前向きに生きていく心の土台となります。

里子でも、実子でも、同じだと思うのです。
「ありのままのあなたでいい」
「あなたが大好き」
「大切な存在」
「教えて、褒めて、大切に育てる」

そうやって、育てられた子どもは、
きっと、前を向いて、生きていける、
困ったら、人に助けを求められる、
人を信じることができる人に、育つでしょう。

うちは、実子だから、ずっと育てるからいいのと思っていませんか?
子どもは、みんな同じです。
心の土台は、子供の頃の子育てで、作られます。





posted by 佐藤 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック