CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月15日

〜「ほめる」をめぐり様々な考え方が・・・〜

自信を持てない子どもが増えています。
高校生国際比較調査(平成26年度)によると
「自分はダメな人間だと思うことがある」という質問に
そう思う(とても思う、まあそう思うを含め)が72.5%
他国と比べて、日本の割合が突出して高かったのです。

日本の文化の特異性・・・
相手を敬い(立てる)場合に、
欧米では相手を褒めて(相手を上にして)相手を敬いますが、
日本は、自分側をへりくだる(下げる)ことで、
結果として相手を自分より上に持ち上げ敬います。
(今は、死語ですが愚妻、愚息…)
褒めるのは相手。でも、ごますりと言われることも。
家族を褒めることは、みっともないこと。
まして、自分を褒めることは、うぬぼれと言われました。
ですから、日本人は、褒めるのが苦手です。
何を、どう褒めて良いのか、わからないのです。
だから、困惑するのです。

最近、「褒める」ことが大事と言われていますが、
逆に「褒めるのは良くない」という子育て法もあります。
大切なのは、「自分を認められる、自分は大切な存在だ。」と
思える子(人)に育てたいのです。
ただ、褒めればいいわけでもありません。

子どもの年令、性格、状況で、考えて欲しいです。
幼い子に褒めるのと、中学生に褒めるのと、
同じには出来ません。

そこで、色々な子育ての本の中から
「褒める」ことについて、抜粋し紹介します。
「ほめる」のとらえ方が、違うので読み比べると面白いです。
あなたの子どもに合う褒め方を考えてみてください。

私は、褒める事は、とても大切だと思っています。
褒められて、嫌な人はいません。
子どもをよく見ていたら、褒めるタイミングがわかります。
「褒める」の中に、認める、励ます、共感を織り交ぜて、
何が良かったのか(結果だけではなく、プロセスや気持ち)を
子どもに伝わるように「褒めて」あげてほしいです。

そして、思い返してみてください。
子どもの頃、何を、どんなとき、親に褒められたかったですか?


*「コモンセンスペアレンティング(CSP)」こちら
(子育て支援・虐待防止プログラム)

*「ペアレントトレーニング」      こちら
(CSPを日本流にアレンジした)

*「東京家庭教育」           こちら
(親が変れば、子どもが変る)           

*「子育てハッピーアドバイス」     こちら
子育てカウンセラー心療内科医 明橋大二氏 

*「子どもの心を動かす指導法」     こちら
(保育士向きの本)

*「アドラー式子育て」         こちら
(ほめない、怒らない、比べない)

*「児童精神科医 佐々木正美氏」    こちら
 (子どもの心の育てかた)

*「ABA(応用行動分析)」       こちら
(ADHDの療育でも使用)

*「子育てコーチング 」        こちら
(子どもの気質と言葉がけ)


「褒める」ではありませんが、
「子どもに必要なのは愛情より安心です。
自己肯定感という言葉は私は使いません。」
という先生もいます。
それぞれの、言葉に対するイメージの違いや、
経験、対応する子どもの状況によっても、
とらえ方違うと思います。

みなさんも、総合的に考えて、
自分なりの「ほめる」とは、
を考えてみてくれると嬉しいです。


「C しつけの仕方」記事一覧にもどる こちら


子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村






posted by 佐藤 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけの仕方
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック