CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月29日

〜人と視線をあわせない?ひとり遊び?〜

ふつう生後3〜4か月になると、
親があやすと笑い、相手の感情を察知することを覚えますが、
自閉症のある子では、あやしても無反応だったり、視線を合わせない、あと追いもしない、人見知りもしない、ということが多いです。

乳幼児期、「愛情が足りない?」「子育てができていない」と言われて、悩むことが多い時期です。

子育てのせいでは、ありません。
脳の機能、発達のせいです。


逆に、人と目を合わすし、反応あるし、ママの後追いするし、自閉症じゃないわ。と思う方もいるかと思います。

うちの娘も、自閉症と言われて、「えっ、こんなニコニコ笑顔で、自閉症?」と不思議でした。



自閉症の特性は、認知機能の障害です。
相手の表情を認知する機能の凸凹。
感情を表現する力の凸凹。
興味への集中、無関心の凸凹。


幼児期では、
急に、あるいはさりげなく親から離れていく
「歩き始めると、すぐに何処かへ行ってしまい、目が離せない」
駐車場、お店であろうと、自分の関心の有ることに気持ちが引っ張られて行きます。
「不安」とか「さみしい」とか、迷子になったら、困るなんて思いません。
目が離せない子というのも、特徴的でもあります。


一人で遊ぶのが、好きです。
人との関わりが苦手なのと、予想外のことが苦手です。
一人で遊んでいる方が、安心なのです。


なんか育てにくいな、と思ったら、専門家に相談して欲しいです。

family_harness_kodomo.png


親から離れていくタイプの子は、目を離さない。
うちの娘、一時期は、犬の様に「ひも」を付けました。
いきなり車道に出るからです。
手や腕を捕まれているのが、非常に嫌で(感覚過敏)
ギャーっとひっくり返り、頭を路面にうちつけるからです。


お友達と一緒に遊ぶことを強要しないでください。
パニックになるだけです。

少しずつ成長します。

まずは、子どもの個性を知ることです。


「D 特性のある子の子育て」記事一覧にもどる



子育ての正論からリアルまで
子育て中の方に見て頂きたい記事一覧 
るんるんA子育てを考える 記事一覧 こちら
るんるんB子どもの育ち方 記事一覧 こちら
るんるんCしつけの仕方  記事一覧 こちら
るんるんD特性のある子の子育て 記事一覧 こちら
るんるんE我が家の子育て 記事一覧 こちら
るんるんF大人の愛着障害と家族 記事一覧 こちら

るんるん最新つぶやき記事 こちら

るんるんプロフィールはこちら

るんるんペアサポ談話室へは こちらから
お問い合わせ箇所に、メッセージを記入してください。
後ほど、メール返信いたします。
(相談、質問、つながる、愚痴る、お気軽に!)

ランキングに参加しています。ぜひ応援のためクリックしてください。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供のしつけへ
にほんブログ村

posted by 佐藤 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害関係
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック